2012-12-19

スウェーデンのカールさんのかご

スウェーデンから届くさまざまなかごの中でも、
とりわけ存在感があるのが、カールさんのかごです。

森とともに暮らし、木を熟知し、それぞれの性質を生かすことに長けたカールさん。

ジュニパーやヤナギなど、さまざまな木材を使い、
その手から生まれてくるかごたちは、どれも本当にかっこいいのです。

ジュニパーのかごを編むカールさん


森での材料採り

一人で作れる量には限りがありますが、
その カールさんの製品が、このところ次々に届いていますよ!
ぜひHPのほうもチェックしてみてください。
 
 
ジュニパーのかご



ボーヒュースレン地方のフィッシュバスケット
 


木材を使ったかご作りは、かなりの力仕事。
今年は材料が思うように採れなかったり、けがで作れない時期もあったそうです。

これからもお元気で、素敵なかごを作り続けてください、カールさん!



◎スウェーデンから届いた、ネズ(ジュニパー)やヤナギ、ヘーゼルのバスケット
  → http://kagoami.com/SHOP/90559/90562/list.html

2012-12-13

オフィス開き

展示スペースも形をなしてきて、ここらでひとつ、ということで、
12/11の夕方、ささやかなオフィス開きの会を行いました。

今回は、カゴアミドリの立ち上げ以来お世話になってきた方々、
そして、これからご近所になる皆さまなどにお声をかけました。

お料理は、日ごろお世話になっている立川のおいしいパン屋さん
ゼルコバ」の小野夫妻に、特製パンやスープを準備していただきました!

あけびの大きなパン皿に、
井桁に積まれたグリッシーニ!
 

特設ドリンクバーも準備していただきました!

山盛りのサラダは、徒歩1分のベジカフェ「トピナンブール」さんより。
写真を撮りそこねてしまいました。あ~。


大人たちが話に興じているころ、
こどもはこどもで、倉庫探検、そして無許可のおやつの食べ放題を
満喫していた模様...

いたずら思案中

たいやき屋ゆいさんが、特製の「たい焼き」を焼いてきてくれました。
 
 

縁起の良い、紅白のあんこです!
ゆい君と奥さんのひろこさんは、私たちとおなじ国立の富士見通りに
「パンとお菓子 ミモザ」をオープンしたばかり。ご近所仲間になれて幸せです♪


その他にも、皆さんからたくさんのお花や差し入れ、そしてあたたかい
励ましのお言葉をいただき、感激しっぱなしの私たちでした。


寒いなか、小さなお子様づれで遠方から運んでくださったご家族、
あわただしいこの時期に、仕事を切り上げて駆けつけてくれた友人のみんな、
来られなかったけれど、気持ちを寄せてくださったすべての皆様...

この場をお借りして、あらためてお礼を申し上げます!

至らぬ点がおおくて、十分なおもてなしができずすみませんでした。
これに懲りず、またいつでも遊びに来てくださいね~。

伊藤征一郎・朝子






2012-12-10

国立店、初オープンです!

皆さまこんにちは、朝子です。

これまで、すこしづつお伝えしてきましたように、
準備をすすめてきました、国立の展示スペース。

ようやく、ひととおり形になってきた感じです。ホッ。


 
 
ということで、お待たせいたしました!
12月の展示販売の日程をお知らせいたします。

開催は、 5日(土)、 22日(土)、 23日(日)、 24日(月祝)

オープン時間は11:00~17:00 となります。

当日は、さまざまな土地と素材のかごをご覧いただけるような品ぞろえを
したいと思っております。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

                       
 
         
カゴアミドリ 国立店
〒186-0004
国立市中1-15-6 菅野ビル 2F
Tel/Fax: 042-507-9087


場所は、JR国立駅 南口徒歩5分ほど。
セブンイレブンの真向かいのビルの2Fです。

1Fには、カフェLuccaさんがあります。
脇にある、細い階段をのぼってくださいね。

(国立店での販売は、現金のみのお取り扱いとなります。
あらかじめご了承ください。)


みなさまのご来店を心よりお待ちしております!


 
 
 

2012-12-09

かご小話: 白樺の皮を採取する

夏の山を歩いていると、カバノキの樹皮がヒラヒラときれいに
剥がれ落ちるのを目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

これは白樺やダケカンバ、樺桜など、カバノキの仲間に共通する性質で、
春から夏時期になるとホルモンが分泌され、脱皮するかのようにきれいに
皮がはがれるのです。

なかでも白樺の皮は厚くて丈夫、水にも強いため、古来からかごなどの
容器のほか、靴や帽子、果てはカヌーなどなど、様々な生活道具の素材として
活用されてきました。

水に強いのは、脂分を多く含んでいるからで、よく燃えるため、
焚き火の焚きつけにもよく使われたりするそうです。


季節を見計らって採取された白樺樹皮は、汚れた外皮を剥ぎ落とし、
丸まってしまわないように重しをのせて、しばらくの間乾燥させておきます。

白樺樹皮のシート

平らなシート状になったところで、細長いテープ状にカットしていきます。

テープは幅と長さ、厚みによって分類され、「適材適所」の製品が作られて
いきます。たとえば、大型で耐久性のある製品には、厚くて丈夫なテープを
使用することになります。

編み途中の白樺バスケット。
こちらはフィンランドの作り手さんの写真です。

つくり手によっては、編む前に植物油を塗り込んでから製作することも
あるようです。

この油分を豊富に吸収できる性質が、動物の革にも似た
しなやかな感触を生み出しているのでしょう。


◎フィンランドの白樺細工
http://kagoami.com/SHOP/90564/list.html

◎ブログ記事:白樺のふしぎ
http://kagoamidori.blogspot.jp/2011/11/blog-post_18.html

2012-11-28

かご小話: ナニュキ・ウィーバーズ

ケニア山の山麓にあるナニュキ村は、ケニア随一のウールの生産地です。

北緯0.01度と、まさに赤道の直下に位置しながら
標高は2000メートル近くあり、冷涼な気候が、羊の生育に
とても適しているのです。



この村に「ナニュキ スピナーズ&ウィーバーズ(紡ぎ手と織り手)」
という団体が設立されたのは、1977年のこと。

地域に暮らす寡婦や、貧しい女性たちを対象に、ウールを紡ぐところ
から、織って製品化するところまでの技術を伝え、自立をめざしていく
ための自助団体です。


良質の羊毛をつかったその製品は海外にも輸出され(当店にも
はるばる届けられました!)、その収益は女性たち自身の収入として、
そしてセンターの運営費用に充てられています。

30年以上にわたる活動で、これまでに300人近くが研修を受けたそうで、
手に職をつけて独立した人も多いそう。

 
貧困のなかに置かれていた女性たちが、この仕事のおかげで自分の家を
手に入れたり、子どもに教育を受けさせることができるようになったことに、
とても大きな意味があると思います。

みんなを幸せにしてくれる、あたたか・かわいい手紡ぎウール。
たくさんの方にご紹介していきたいと願っています。

ケニア ナニュキ村のウールバッグ

2012-11-16

かご小話:白樺樹皮の七変化

北の大地に広がる大きな森。
その中に凛とした姿でたたずむ白樺は、動物や人間の暮らしにたくさんの
恵みをもたらしてくれます。

その真白な白樺から採った製品が、なぜ茶色いのかというと、
樹皮の内側を表にして編んでいるからです。

外側は茶色、内側が肌色に近い白です。

一口に茶色といっても、クリーム色に近い色からチョコレート色まで
様々なバリエーションがあります。

チョコレート色の樹皮。
樹皮の色が決まる要因は、たくさんあります。
一般的には、若い木ほど色は淡く、弾力も強いようです。

産地の気候や土壌によっても個性が出ます。
厳寒のロシアのシベリア産のものは、非常に厚くて丈夫。

そして、沼や湖の多いフィンランド産のものは、美しいまだら模様が
見られるのが特徴なのだそうです。

フィンランドから届いたばかりのバスケット。
濃淡のくっきりとした、
特徴的な模様がでています。

周辺の植生にも影響され、近くに松の木が生えていると濃い色に
なるのだとか。また採取する時期によっても色はだいぶ変わるようです。


こうして白樺のかごの1点1点には、それぞれの木が生まれて育った
バイオグラフィーがにじみでているのですね。

2012-11-15

引っ越しが完了しました!

こんにちは。征一郎です。

昨日、無事に事務所の引っ越し業務が完了しました!

場所も雰囲気も変わり、新鮮な気持ちで業務を再開しています。
今後はこの国立から、かごのある暮らしを発信していきますので、
どうぞよろしくおねがいします!!


なお、このたびの移転に伴い、電話番号が変更となりました。
042-507-9087
が、新しい番号になります。

2012-11-09

事務所移転します

何度かお伝えしてきました通り、このたび、事務所を移転することになりました。

これに伴い、11月12日(月)、13日(火)は、商品の発送業務をお休みさせて
いただきます。

ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、
どうか理解のほどお願い申し上げます。

11月14日(水)より、下記の移転先にて、業務を再開いたします。

新住所: 〒186-0004 東京都国立市中1-15-6   国立菅野ビル2F

場所は、となり町の国立市になります。
JR国立駅から徒歩5分ほどの、にぎやかな商店街の中です。

国立といえば、駅前から続く桜並木。
今は、イチョウの葉色がうつくしい季節です。

今回の引越しは、すこし広いスペースを確保して、ネットショップとしての
業務の効率化をはかり、ご利用のお客さまによりよいサービスをご提供していきたい、
というのが最大の理由です。

これからは、この国立を拠点にして、より一層製品の魅力を伝え、
お買い物を楽しんで頂けるネットショップとして、がんばっていきたいと思います!


また今後は、このスペースでの展示や、販売イベントなども計画しています。
世界のかごの魅力をより実感していただける、気持ちのよい空間を作りたいと
考えていますので、こちらもどうぞお楽しみに。

準備ができましたら、またご案内いたしますね!


みなさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

伊藤征一郎・朝子

2012-11-05

【引っ越し】壁塗り完了!

こんにちは。毎日、寒いですねー。
特に今朝の多摩地区は、冷え込んだ朝だったように思います。

そんな中、今日はあたらしい事務所の壁塗り作業の立会いのため、
朝8時に現場で集合!
左官を担当していただく親方に、最終的な壁の色を伝える作業です。

今回お願いしている「ドロプラ」とよばれる壁材は、プランクトンの堆積土が
原料だそうで、土壁や漆喰に近いイメージでしょうか。
粒子の細かい孔によって、調湿や断熱、脱臭等の効果あるそうです。

木材由来の透明な糊に、「ドロプラ」を加え、ミキサーで混ぜ込んでいくと、
ふっくらとふくらんできました。まるで大量のホットケーキをつくっているみたい。
においもほとんど無いので、なんとなくお腹がすいてきてしまうのでした。


(親方の無駄のない動きに脱帽です)
 
肝心の色の方はというと、このままだと真っ白すぎる感じです。
すこしあたたかさを持たせるために、「ベンガラ」とよばれる黄色い顔料を投入します。

インドのベンガル地方より伝来したので、その名がつけられたというベンガラは、
土中に存在する酸化鉄の一種。
かの有名な、「ラスコー洞窟の壁画」にも用いられている、最古の顔料なのです。
(ぼくは、はじめて知りました。)


色が決定すると、すぐに壁に塗り広げていきます。
 
 
ほんとうに、あっという間でビックリ。
 
今回の工事では、壁材も床材も、自然由来のものを使いました。
からだに安心ということももちろんですが、環境への負荷もかけない材料を
選ぶことができたのは、当初想像していた以上の満足感があります。
どれも時を重ねることで、味わいが増していくものなので経年変化が楽しみです。
 
いよいよ、引き渡しの日程は今週末となりそう。
その後は、引っ越し作業のため、数日間の臨時休業をさせていただく予定です。

日程が決まりましたら、HPのお知らせ欄、ブログ等にてお知らせいたしますので、
何卒よろしくお願いします。


征一郎 

2012-10-30

かごのある暮らし -北海道のくらし編-

こんにちは。征一郎です。

前回の「かごのある暮らし」は、遠く離れたアフリカ編をお届けしましたが、
今回は、北海道からお送りいただいた写真をご紹介したいと思います。

北海道・士別町にお住まいのMM様。
今年の夏に「長野 根曲竹 椀かご(特大)」と、「岩手 鈴竹 通しかご」を
ご購入いただきました。

お受け取り後、まもなくお送りいただいた写真がこちらです。



楕円の形が、シンクの横にぴったりとおさまっています。
まだ編みたての根曲竹のみどりいろが新鮮。とてもきれいですね。

「今回、購入を決める際に色んな方のブログなどを参考にさせていただきました。
乾きも早く、とても使い易いです。

この家が北欧の住宅なので、北欧のかごが好きでしたが
しばらくの間、主人の転勤で愛知県豊田市で暮らしていました。
そこで、日本の歴史や文化、生活に触れて日本の良さを再認識しました。」


そして、同じくキッチンのコーナーに置かれているのは、「鈴竹 通しかご」です。
もともとは、‘ふるい’のように使われていた道具ですが、
涼しげな盛りかごしても雰囲気がありますね。
 
その奥に小さく見えるのは、北欧のパインのバスケットに、角物の弁当かご
でしょうか?  思わず目を凝らして、見てしまいました!
 
北欧イメージのご自宅に、とっても雰囲気よく配置されていて、
たのしい気分になりますね。
 
 
一休み中の、椀かご&ざるも気持ちよさそう!
夏時期でも湿気の少ない北の大地の風、すぐに乾いてくれそうです。
 
それにしても、ご自宅前に緑の芝生が広がる環境、うらやましい限りです~。
 
 

こちらは、その後三ヶ月ほど経ったかごの写真。
秋のお野菜とともに、やさしい色合いに変化しているようです。


MM様、北の大地からのお便りをありがとうございました!
その後の様子も、もし機会があれば、またお知らせいただければ嬉しいです。

このたびはたいへんありがとうございました。

伊藤征一郎

2012-10-27

引っ越し先の工事開始

こんにちは。

最近は、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。
そして、色づく木々の移り変わりが、楽しみな季節になってきました。

来月に移転予定の国立は、駅前から続く大学通りの桜並木が有名ですが、
立派なイチョウの木も立ち並んでいて、晩秋になると道沿いで販売している
ギンナンを買うのが楽しみだったりします。

さて、事務所の方は、念願のペンキ塗りという目標を果たすことができ、
その後の作業を、内装業者さんにバトンタッチしました。

もとは、こんな感じ
 
床をはがして養生してから、ペンキ塗りを開始!

化学物質の入っていない、ドイツのブレーマー自然塗料。
水性なので、二度塗りが必要となります。その量、約15リットル。


ペンキを塗るのは、天井部のみ。
友人のタイチ君協力により、二日間で完了しました。
(かなり首が鍛えられました)
 
設計は、日ごろ地元でお世話になっている「レインファーム」さんに依頼。

一級建築士の伊藤有吉子さんは、建築で使用する素材をひとつひとつ
自分の目で確かめ、ほんとうの自然素材だけを吟味している方です。

施工は、中野にある「河合工務店」さん。

天然素材の住宅を中心に手掛け、大工さんの育成や交流、また、途上国の
森林保護の活動も熱心にしている工務店さんです。

床材には、レインファームさんのおすすめもあり、台風による被災の影響が大きい
大分県の日田(ひた)杉を使うことにしました。

 床用の杉と、柱用のヒノキが到着!

杉は節が多いですし、やわらかいのでキズもつきやすいのですが、
その分使用するほど味わいが増していく特徴があります。

はだしで無垢材の上を歩く心地よさを想像してしまうと・・・、
しばらくは土足禁止にしようかな~と考えていたりします。

昨夜のぞいてみると・・・、こんな感じに。
完成がとても楽しみです。

それでは、またレポートします!

征一郎

2012-10-26

かご小話: またたびの実力

「またたび」の名の由来は、その昔、長旅の疲れで困憊した旅人が、
その実をたべて力が回復し、「また旅」が再開できたからとか・・・。

マタタビの実

最近まで、この話を信じていました。
しかし実のところ、アイヌ語のマタタンブ(マタ=冬、タンブ=果実が下がっている)が
語源であるという説が有力なようです。


秋に実のなるこの果実は、熟したものはそのまま食べたり、
果実酒として利用されてきました。

蕾に虫が寄生して虫こぶとなったものは、薬効成分が高く、
漢方薬としても珍重されているそうです。

そして花や芽は山菜として、乾燥させた葉や茎は入浴剤に、と
余すことなく活用することができます。


さて、このまたたびの枝を使用したザルなどの編組品は、
奥会津地方の只見川流域の町や村で、いまも多く作られています。




楕円ざる

材料の採取に適した時期は、わずかひと月足らず。
これからがシーズンで、通常11月から12月初旬にかけて行われます。

「とりつけ場」と呼ばれる場所で、作り手自身がそれぞれに採取
するのですが、ずっとこの先も続けられることを第一に考え、
決して取り過ぎることはないそうです。

マタタビや自然の恵みを無駄なく享受しつつ、共存してきた
奥会津の人の暮らし。

今の時代こそ、学ぶことが多いように思います。

2012-10-23

秋の奥会津へ

皆さまこんにちは。朝子です。
 
この週末は、奥会津を中心に昭和村まで足を延ばしてきました。
 
奥会津は、自然がとても豊かで編み組が盛んな土地。
いつも訪れるたびに、新たな発見や出会いがあります。
 
今回もそれを楽しみに、家族で行ってきました。
 
 
山ぶどうの蔓で、飾り編みを体験。
  
中心になる花結びがようやく完成。
ここまででも、なぜ?というくらい苦労しました(汗)。
 
 
 
こちらは、山葡萄やくるみをつかった
かご作りを続けているお爺さん。
キャリアは50年以上!
 
半世紀にわたってかごを編み続けてきた手です。
 
天井には、くるみの皮が
くるりと丸めて干してありました。
 
何の道具だか分りますか? 手提げの型です。
編み終わってから抜き取ることができるように、
あらかじめ斜めに割って、バンドで留めてあります。
なるほど!

 

宿でたまたま出会った女性は、
この土地に伝わる「からむし織」を学んでいるそう。
糸紡ぎを手ほどきしてもらうという
幸運に恵まれました。
 
「苧績み(おうみ)」と呼ばれる作業で、
苧(カラムシ)の繊維を
指先をつかってひたすらつないでいきます。


山は色づき始めていました。
 
 
 

こんな風景がそこここに。


 

虫たちも冬ごもりを始める季節。
奥会津は、本当に良いところです。