2012-02-27

雪国の知恵を垣間見る

先週のことですが、友人と二人、雪の奥会津に行ってきました。
今回の目的は、現地の方に、またたびの米研ぎざるを習うこと。


昨年の同時期に比べると、すこし雪が少ないかもしれません。
しかし、いつもお世話になっている作り手さんを訪ねると、家の半分が
雪に覆われていました。

近づいてよく見ると・・・




またたびざるを発見!

編みあがったざるは、寒風にさらされることで乾燥し強度が増していきます。
また、雪の紫外線により、色が漂白されていくのです。
雪国に伝わる昔ながらの知恵。

そして、お隣さんでは・・・ 


・・・大根?
こちらも寒風にさらされ、うつくしい白肌に。実においしくなりそうです。


「こづゆ」という会津の郷土料理、ご存知ですか?
乾燥貝柱でだしをとった、具だくさんの汁椀。そのやさしい味に心も体もあたたまります。
この伝統的な料理も、海産物がとても貴重だった頃の、山間部の暮らしの知恵なのでしょう。


この夜は郷土料理をたべすぎ、翌日まで満腹が続きました。
というわけで、さまざまな場所で雪国の知恵を垣間見た、そんな一日でした。
つづく

征一郎

2012-02-25

アースデイマーケットに出店♪ 3/3は井の頭公園へ

みなさま、こんにちは。朝子です。

イベントのお知らせが続きます。
今日は、ひさしぶりの屋外イベントへの出店のご案内です。

来週3月3日(土)は、吉祥寺の井の頭公園で開かれる
「アースデイマーケット」に参加します!

季節のかごや、一点物の掘り出し物など、見るだけで楽しくなってしまうかごを、
たくさんお持ちしようと思っています。ぜひお立ち寄りくださいね。


イベント詳細はこちらをご確認ください。


「アースデイマーケット」は、生産者みずからが出店して、
買う人との交流をはかる場としてつくられた、ファーマーズマーケットです。

わたし自身はかごの作り手ではないけれど、
各地の作り手さんから届いたかごたちを、お客さまに直接見ていただき、
手にとっていただき、ゆっくりとお話できるのを楽しみにしています。

早春の公園へのお散歩がてら、ぜひのぞきにいらしてくださいね!

朝子

2012-02-23

3/20(火)満員御礼! と 3/21(水)追加講演のおしらせ!!

3/20(火)のイベントは、おかげさまで満席となりました。

ご予約いただいた皆様、本当にありがとうございます!

告知をはじめてから、わずか二週間足らず。
予想を上回る反響に驚きつつも、とてもうれしく思っています。
また、その後も参加をご希望される方から、お問い合わせをいただいております。

そこで、翌日の3/21(水)「被災地報告会」の追加講演を決定しました!
大西暢夫さんの撮影した映像をみながら、被災地の話に耳を傾けましょう。


(陸前高田市の海岸に残された一本松 9月25日撮影)

21日は平日の水曜日、そして子どもたちは、春休みの時期ですね。
当日は、小さなお子様連れのおかあさん、おとうさんにも過ごしやすいよう、
会場づくりも配慮いたします。ぜひお気軽に、ご参加ください!

◆ 大西暢夫さんの「被災地報告会」 @立川ゼルコバ ◆

3/21(水)13:30~15:30 (会場 13:00~)
参加費: ¥1.500   中学生以下は無料です。
(経費を除いた全額は、宮城県東松島町の仮設住宅への寄付を予定しています。)


◇ お問い合わせ/受付はこちら ◇
メール:tanemakidori@gmail.com  

電話;042-595-6845(カゴアミドリ伊藤)

お申し込みの際は、以下をお知らせくださいませ。
1.お名前  2.人数  3.お子様の年齢、人数  4.メールアドレス 
5.電話番号(携帯番号)  6.今回のイベントは、どちらでお知りになられましたか?

それでは、3/20、3/21の二日間。
タネマキドリ一同、みなさまのご来場を、こころよりお待ちしています!


伊藤征一郎





2012-02-17

3/20 タネマキドリのイベント 好評です!

こんにちは。征一郎です。

先週からご案内を開始した、3/20(祝) 写真家 大西暢夫さんを招いたイベント。


間もなく定員に近づいてきております。
参加ご希望の方は、ぜひお早めにご検討ください!





お申込みはこちらまで→メール:tanemakidori@gmail.com 
         
           電話: 042-595-6845(カゴアミドリ)
今回、わざわざ岩手県や大阪から足を運んでいただける方も。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

同時に開催される「お庭でマーケット」はどなたでもご参加いただけます。

タネマキドリ一同、お会いできるのを楽しみにしています。
ぜひお立ち寄りください!!




2012-02-10

「かごのある暮らし」写真キャンペーン開催

このたび、「かごのある暮らし写真キャンペーン」を開催いたしまーす。

日頃から、お客様より、かごのお写真を送っていただくことが多く、
このブログでも時々ご紹介していますが、置き場所や使いかたなど
参考になることが多いなぁ、いつもと感じています。

そこで、久しぶりにキャンペーンとして実施してみたいと思います。

今回はテーマを【東北のかご】にしました。

震災から間もなく1年を迎えようとしているこの時期、
東北への思いを新たにし、また東北に伝わってきた手仕事の魅力を、
みなさまと一緒に再発見してみたいと考えて、このテーマを選んでみました。

ご自宅にある、使い込んだ古いかご、珍しいカゴ、これも東北のカゴ・・・?
(産地不明の日本のかごもぜひ!)というものまで、どんどんお寄せ下さい。

ご応募くださった方には、当店のお買いものポイントを300ポイント進呈、
さらに当店ウェブサイトに掲載された方にはプラス200ポイントを
プレゼントいたします。(ポイント蓄積に会員登録が必要となります。)

どうぞお気軽にご参加ください。お待ちしております!

【応募方法】
以下の情報を info@kagoami.com までお送りください。

1. お客様のお名前(掲載しません)
2. ニックネーム(サイトに掲載させていただくお名前)
3. お住まいの都道府県
4. かごの名前(わかれば。当店の商品でなくても結構です!)
5. 使い方
6. そのかごにまつわる思い出やコメントなど
7. かごの写真(縦または横のサイズ:320ピクセル以上。何枚でも。)

【応募期間】
2012年2月29日(水)まで

■過去の「かごのある暮らし」記事は こちら です!

2012-02-07

3/20(火・祝)「被災地報告会」+映画「水になった村」上映会を行います!

こんにちは。征一郎です。

立春を過ぎ、少しづつ春が近づいていますね。
今日はあいにく雨模様の東京ですが、その中にも何となく春の匂いが感じられます。

さて、われわれカゴアミドリも春のイベントに向け、コツコツ準備を進めています。
昨年の夏に、鎌仲ひとみ監督 「ミツバチの羽音と地球の回転」 の上映会を行った
「タネマキドリ」のメンバーとともに、以下のイベントを企画しました!

写真家 大西暢夫さんの「被災地報告会」
+
映画「水になった村」 上映会
+
お庭でマーケット(どなたでも参加できます)


(チラシを見る(jpeg)→ 中面
(チラシをダウンロード(PDF 1070kb) → こちら

日 時:3月20日(火・祝 春分の日)   11:00~17:00
場 所:東京都立川市 天然酵母パンの店「ゼルコバ」
定 員:50名
参加費:¥3,000(事前にご予約が必要です)
お申込先: E-mail / tanemakidori@gmail.com
 Tel / 042-595-6845(カゴアミドリ 伊藤)
①お名前 ②参加人数 ③メールアドレス
④電話番号(携帯番号)をお知らせください。
 
 
昨年より販売させていただいている冊子「東北沿岸600km 震災報告」の著者である
写真家 大西暢夫さんをお招きし、震災の直後から現在にいたる映像をまじえながら、
お話いただきます。
そして、大西氏が監督した映画「水になった村」の上映会もあわせておこないます。

この二つは一見、別のテーマのように見えますが、とても大きな力によって、
土地から切り離されてしまった人々の生活について、考えさせられる内容です。

当日は、皆さんと膝をつきあわせ、じっくり大西さんの話に耳を傾けたいと思います! 
この参加費は、経費を除き全額が、被災した地域への寄付に充てられます。
そして、屋外ではどなたでも参加できる「お庭でマーケット」を開催!
おいしい食べもの、やさしい道具たちが、ゼルコバさんの軒先に並びます!!
穏やかな春の休日に、ぜひみなさん足を運んでください(ご注意:当日はお車のご来場はできません)

  
 
(映画 水になった村の詳細はコチラ

あと一月で、震災から一年が経とうとしています。
地震の直後からの数日間、恐怖と不安な気持ちで過ごしていたというのに、
すでにその記憶がだいぶ薄れてしまっている自分に気づき、驚いてしまいます。

しかし、直接の被害を受けた方々にとっては、今なお大きな影響を受け続けています。
被災地から離れて暮らしている自分はそのことをどう受け止め、どう自分の暮らしと
つなげて考えていけるのか?  そのことは、いつまでも忘れずに生きていきたいです。

今回のイベントを通じ、自分自身の考えについても、見直すきっかけとなればと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

■イベントの詳しい情報は、タネマキドリのブログをどうぞ。 →こちら

■イベントのチラシ(PDF)をダウンロード → こちら


2012-02-06

味噌作りに挑戦

皆さま、こんにちは。朝子です。

立春をすぎ、今週はすこし寒さがゆるむようですね。
とはいえ、まだまだ冬まっさかり。
寒がりのわたしは、ストーブにかじりついて暮らしています。

さてこの週末は、まえまえからやってみたかった
お味噌づくりに、ついに挑戦してみました!

大きなホーローのポットを新調し、
前の晩から水につけておいた大豆を煮るところからスタートです。



お鍋でコトコト、4時間ほど。すっかりやわらかくなりました。



フードプロセッサで、豆をひたすらペースト状にします。
なんだか、すでにお味噌の姿。



塩と米こうじを混ぜたもの。
先ほどの大豆ペーストに混ぜ合わせます。



ホーローのポットにぴったりと敷きつめ、重しをのせて完成!


ここまでの作業を、一人でやって約2時間強。
おもったよりずっと簡単で、たのしい作業でした。

なんだか一人前のハハになったような、よい気分です。

お味噌の赤ちゃんは、これから夏までのあいだ、ポットの中で
静かに眠り、じっくりと熟成されるのを待ちます。

それまで絶対に開けちゃだめ、といわれると、ワクワク度も
高まるというもの。

夏の「天地返し」のときに、また様子をお伝えしますね!

朝子