2013-12-20

『白樺の木』展

こんにちは!朝子です。
ここ数日は東京もずいぶん冷え込み、雪が降るかと思われるほどの
お天気でした。

さて今日は、次の展示会のお知らせです。

しずかな冬の雪の森がうかんでくるような
白樺の木をテーマにした展示会です。

白樺の木と向き合い、対話しながら
かごへと形をかえてゆく、白樺の作家ユーリさん。

その生き生きとしたかごを中心に、
白樺を素材に製作をつづける作家さんの作品が並びます。

北海道の白樺から生まれた美しいかたち。
ぜひ見にいらしてください。



 ........................................................................................
 『白樺の木』 展 
 ― 北海道の白樺からうまれる美しいカタチ ―

Date:2014年 1月 11日(土) - 19日(日) 
 11:00 - 17:00 (18日は15:00まで) 

Place:カゴアミドリ  (JR中央線 国立駅 徒歩5分)





........................................................................................

<出展>
ユーリ: 白樺かご
平子貴俊: 白樺の木の器
工藤和彦: 陶器(白樺ホワイトシリーズ)
鈴木有紀子: 白樺の小枝ろうそく
シエスタラボ: 白樺石鹸


<トークイベント>
白樺かご作家ユーリさんによるおはなし会
「ユーリの森の白樺かご」

日 時:1月18日(土)  16時より1時間程度
参加費:1,800円 (お茶とお菓子つき)
要事前予約。
お申し込みは、カゴアミドリまで。
Tel:042-507-9087 (日曜のぞく10-17時)
(定員に達しましたので、予約受付は終了いたしました)

2013-11-29

「北欧のかごと暮らし展」 はじまります

こんにちは、朝子です。
 
少しづつ準備してきました『北欧のかごと暮らし展』、
いよいよ明日からスタートです。
 
展示するかごたちを、すこしづつ並べています。
 
 
 
 
北の地で紡がれてきた手仕事のあたたかみが、
みなさまに届きますように。
 
『北欧のかごと暮らし展』、 明日11月30日(土)よりはじまります。
 
 
ぜひお運びください。
 
朝子


2013-11-25

『北欧のかごと暮らし展』 開催


皆さま、こんにちは!朝子です。
いよいよ冬らしい日が増えてきましたね。11月も終盤です。


今日は、国立の店舗でおこなう今年最後の展示会のお知らせです。

11月30日(土)から12月15日(日)まで、
 『北欧のかごと暮らし -Basketry in nordic life- 展』 を開催いたします。

ぐっと気温が下がるこの時期。

長い冬をあたたかく過ごす技に秀でた北欧各地の
伝統的なかごを取り上げ、素材や技法、使い方や一点ものなど
その魅力を余すところなくお伝えしていきたいと思います。

スウェーデン、フィンランド、バルト三国など北ヨーロッパ各国の
それぞれの土地と暮らしに根付いた、独特のかごをお楽しみください。


x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 『北欧のかごと暮らし
         -Basketry in nordic life- 展』

 日時: 11月30日(土)~12月15日(日)
 11:00 - 17:00  (月火水 定休)

 場所: カゴアミドリ国立店 map
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x  

























クリスマスのお部屋を彩るかごや、ギフトに向いたアイテムも
きっと見つかることと思います。

会期中、3千円以上のお買い物をいただいたお客様には、
ちいさなプレゼントをご用意しております。

北国の暮らしに息づくかごを探しに、ぜひお立ち寄りください。

朝子

2013-11-22

世界のカゴ展、明日から宮崎のLIBERTYへ!

こんにちは。
南九州を巡回している『世界のカゴ展』情報です。

いよいよ明日は宮崎へ!
宮崎市のLIBERTYさんにて、明日より開催いたします。

なんと、これに合わせて 初日と二日目には、LIBERTYさんの裏庭で
「ガーデンマルシェ」も開かれるそう。


 家具や、雑貨、本、そしてスイーツにカレー食堂も!
これは楽しい週末になりそうです。

 宮崎の皆さま、ぜひお立ち寄りください!

*****************************************

LIBERTY  (宮崎市)

1123()12 4()
(11:30 - 19:00 月曜定休)

宮崎市新城町5-1
TEL: 0985-32-7770
URL:http://liberty42.net/

*****************************************

2013-11-12

鹿児島のおかべかご

こんにちは。

先月末、鹿児島のアラヘアムさんでの展示の際、
すこし足を伸ばして、いつもお世話になっている「おかべかご」の
職人さんを訪ねました。

「おかべ」とは、この土地で豆腐の意味。
昔、豆腐屋さんに買い物に行った際、このかごに入れておけば
帰ってくるころに水が切れている といった具合に、
当時はどこの家庭でもみられた生活のかごでした。

現在では、お弁当かごや裁縫箱などに利用されるお客様が多く、
我が家では子供の行事など、家族用のお弁当かごとして活躍しています。


なんと、この日はちょうど、当店が依頼していた「おかべかご」の製作中!
ここ最近のいろいろな話を伺いつつ、作業の現場を見せていただきました。


こちらが、本体の側面にあたる場所。
 

端正な編み目に浮かび上がる波模様が圧巻です。
これまで培ってきた技術をもとに独自に考案した「升(ます)網代の応用型」
の美しさに目を見張ります。

これを筒状に組み合わせ、円柱型にします。



つぎに枠を取り付けます。


外側用と内側用に、大きさと厚みを変えた竹枠を、
外→内の順で、はめ込んでいきます。

本体には真竹を使いますが、枠には、孟宗竹を使用する場合がほとんど。
孟宗竹は、節の部分のデコボコがよりすくないので
枠作りには向いているのだそうです。

竹を直角に曲げる作業には、今はガスバーナーを使っていますが、
その昔は炭を使用していたため、今より何倍もの時間がかかったそうです。


30年以上前に作ったご自身のおかべかごを見せていただきました。
今なお現役で使える丈夫さと、その存在感に、ただただ見入ってしまいました。


作り手のかたは、この道60年近いキャリアをもつ職人さんです。
師匠の師匠から譲り受けた道具を、今も大事に使用されていました。

よくみると、刃の根本の頻繁につかう箇所は
歯が薄くなっていました
 
残念ながら、今のところ後継者はいないそうです。

この地のおかべかごの伝統が絶えることなく、
この道具たちも、いつか新たな作り手のもとへと旅立つ日がくることを
願わずにいられません。

伊藤征一郎

2013-11-09

世界のカゴ展、216 JUNCTION STORE へ


つづきまして、南九州を巡回している『世界のカゴ展』情報です。

九州の南端にちかい、鹿屋市の「アラヘアム」での展示は、先日で終了。

初の九州での展示会でしたが、とてもたくさんの方にお越しいただくことが
できました。見に来てくださった皆さま、アラヘアムの皆さま、
本当にありがとうございました!

そして本日11月9日(土)より、二つ目の開催地である鹿児島の
216 JUNCTION SOTRE」での展示がスタートしました!

 
216 JUNCTION SOTREのコンセプトは、街のジャンクション。
人、モノ、場所をつなぐ、セレクトショップです。

20日までの期間中、厳選された服や雑貨が並ぶこの空間に、
日本をはじめ、世界各国の、素材もさまざまな手仕事のかごたちが並びます。
九州では紹介されることの少ない、東北地方の製品もいろいろと。

カウンターで、お手製シロップのソーダをオーダーして、
ドリンクを片手に「さつまもの」情報をあれこれと聞かせてもらうのも
ここを訪れた時のお楽しみのひとつです。

お近くの皆さま、ぜひこの機会にお立ち寄りください!

*****************************************
『世界のカゴ展』@ 216 JUNCTION STORE
11月9日(土)~20日 (木) 
(11:00-19:00/木曜定休)

鹿児島市東千石町10-12-1F
Tel:099-222-1216
www.ni-ichi-roku.com
*****************************************

☆ 11/23(土)からは宮崎の「LIBERTY」、12/7(土)からは熊本の「GREEN NOTE」へと
  めぐってまいります。

秋のkunitachiゆる市


皆さま、こんにちは、朝子です。
木々の葉っぱも色づき、ずいぶんと秋が深まってきました。

明日11月10日(日)は「kunitachiゆる市」の日。
カゴアミドリのお店がある国立市内で、時々開かれているたのしいマーケットです。

 
前回の「ゆる市」は、夏の夕暮れでした。

この街でしか出会えないお店が一度にあつまるこのイベント、
毎回、おとなも子どもも、ゆったりと楽しむ姿が印象的です。

ちいさなご縁が重なって、当店も今回から事務局をお手伝いする
ことになりました!

明日も、ゆるやかであったかなむすびつきが、そこここで生まれる
すてきな一日になりますように。

ご来場の皆さま、暖かくしてお越しください。
今回はカゴアミドリの出店はありませんが、私も会場におりますので、
もし見かけたら声をかけてくださいね!

朝子

◎ kunitachiゆる市
     blog: http://yuruichi.exblog.jp/
     FB:  https://www.facebook.com/kunitachiyuruichi


2013-11-07

かごのある暮らし “こどもとの日々編” (こぱん職人様)

皆さま、こんにちは、 朝子です。
 
本日は、東京都にお住まいの  こぱん職人 様からのお写真を
紹介させていただきたいとおもいます!


お布団の上で心地よさげにコロンとしている、かわいい赤ちゃん。
まだ生後3か月ほど! プニプニの手足が、たまりません~。

わきに見えるの持ち手付のかごは、 アフリカのバスケット。
そして枕元には、岩手の鈴竹のかごが、そっとたたずんでいます。
 
 
 
何を入れているんですか?

「持ち手つきのかごには、子どものオムツやタオル、着替えなど
すぐに使うものをまとめて そばに置いています。

部屋を移動する際も、それをひょいと持って一緒に連れていけるので
とても便利!」

なるほど。赤ちゃん周りのものって、案外たくさん必要だし、
どんどん増えていきますもんねー。
片手で持ち運びできるかごは、ママの必需品と言えるかもしれません。
 

ママ~♪ 
 
「ちいさなお弁当かごには、爪切りやクリームなどを。

持ったときに中の物がカタカタいわないので心地良いです。
コンパクトでしっかり蓋もしまるので持ち歩きにも重宝します。」
 
こうしてまとめておけば、さあ外出、という時に、ふたを閉めて
さっと出かけられそう!
 
そして、五感がぐんぐん発達中の赤ちゃんだからこそ、
天然素材のものが身近にあるって、やっぱりいいですよね。
 
 
こぱん職人 さま、すてきなアイデアをありがとうございました。
赤ちゃんの健やかなご成長を、心からお祈りしています!
 
朝子

2013-10-31

ケニア「ナニュキ村のウールバッグ」今季も入荷

こんにちは、スタッフ菅です。
気がつけば今年もあと2ヶ月ですね。

冬に向けて、今年もケニア・ナニュキ村のウールバッグが入荷しています。



ナニュキ村の女性達によって手紡ぎで作られたバッグは、
冬の装いによく馴染み、眺めているだけでも暖かい気持ちになります。

「Nanyuki Spinners & Weavers」という団体が、
村の女性たちにウールの糸紡ぎや編みの技術を伝え、
自立と生活向上の手助けをしながら作られています。

丸底の「ウールバッグ」は、モコモコウールの質感を生かした仕上がり。
Sサイズは、ちょっとしたお出かけ向きの、ハンディーなサイズです。

丸底のウールバッグ (S)


トート型の「ウール&サイザル」は、ウールの柔らかさに
サイザルのシャリっとした手触りが加わって、
独特の心地よい素材感が生まれました。

トート型の「ウール&サイザル」


このバッグと一緒だと、秋冬のお出掛けが楽しくなりそうですね!


2013-10-29

九州巡回展 @アラヘアム

こんにちは。伊藤征一郎です。

この週末は、鹿児島・鹿屋市の アラヘアム に行ってきました。
九州巡回展の皮切りとなる初日、店頭で販売をさせていただきました。

台風の影響が心配でしたが、うまく先に通り過ぎてくれて、
恵まれた天気となりました。


アラヘアムさんに来たのは二度目なのですが、なんといっても
その広い空間に、自由に葉先を伸ばす観葉植物たちに魅了されてしまいます。
(思わず、胸元ほどの高さの植物を購入してしまいました。)


アラヘアムの常連の方々に加えて、当ネットショップをご利用いただいている
お客様にもお会いすることができて、とてもうれしい機会となりました。



展示場所は、店内に鎮座する巨大な緑のコンテナのなか。
とても広いスペースなので、250点ほどの製品を並べてもゆったりご覧いただけます。


 
 
 開催は、11月6日(水)までとなります。
ぜひたくさんの方に足を運んでいただければ嬉しく思います。

併設のカフェも、おすすめです。
ボリュームたっぷりのランチメニューに、スウィーツやドリンクも一つ一つ
手間暇かけて作られています。
スタッフの方々による、すべてのお客様に気持ちよく過ごしてもらいたい
という思いと空間づくりが随所に伝わってくるのでした。

ぼくも本当に楽しい時間を過ごすことができました。
アラヘアムの皆様、ありがとうございました!

伊藤征一郎




2013-10-25

カゴアミドリ 九州へ

皆さま、こんにちは。朝子です。
もう10月も下旬だというのに、大きな台風が二つも。
なんだか落ち着かないお天気です。

それはさておきまして、いよいよこの週末、10月26日より、
鹿児島から宮崎へとめぐる『世界のカゴ展』がスタートします。

当店として、九州で開催するはじめてのイベント!
鹿児島、そして宮崎の、個性的なショップを巡回します。


皮切りは、鹿児島・鹿屋市にある「Araheam (アラヘアム) 」さんから。

もとは倉庫だったという、天井の高ーい、開放的なスペースに展開する
心地よい暮らしのためのセレクトショップです。

©Araheam

特に、多肉植物やサボテン、観葉植物の品揃えが圧巻!
鹿児島のあたたかな気候を生かして栽培されているのだと聞いて、納得でした。

ということで、今回は植物とかごの、ぜいたくな共演が見られそう。
どんな空間が出現するでしょうか?どうぞお楽しみに。

初日は伊藤がアラヘアムさんの店頭におじゃまする予定です。
鹿児島のみなさま、ぜひお気軽にお立ち寄りください。


+++ 『世界のカゴ展』 +++

身近にある自然を使って、暮らしの道具を編むしごとは、原始の時代から
世界のあらゆる場所にありました。

以来脈々と、今日まで伝わってきた土地土地のかご作り。

手間と時間を惜しまず、自然の移り変わりと歩調を合わせるように
生みだされてきた手仕事は、いまのくらしにも、そっとやさしく
寄り添ってくれるような気がします。

★ Araheam (鹿屋市) ★
   10月26日(土)~11月 6日(水)
   11:00-19:00 火曜定休
   http://araheam.com/
   Tel: 0994-45-5564


★ 216 JUNCTION STORE(鹿児島市)★
    11月 9日(土)~11月20日(水)
    11:00-19:00    木曜定休
    http://www.ni-ichi-roku.com/
    Tel: 099-222-1216 


★ LIBERTY  (宮崎市) ★
    11月23日(土)~12月 4日(水)
    11:00-18:00    木・金曜定休
    http://liberty42.net/
    Tel: 0985-32-7770


★ GREEN NOTE Fika  (熊本県 天草市) ★
    12月7日(土)~12月23日(月祝)
    11:00-19:00   (定休なし)
    http://ramet.info/grape1/
    Tel: 0969-24-7744

スペインの栗のかご

スペイン北西部、カスティリヤ地方。

ゆたかな自然に囲まれた山里の小さな村では、
中世の昔から使われてきたという、「栗の木」のかごが、いまも作られています。

村には、代々かご作りに携わってきたという、生粋の職人さんたちが
まだ多く残っています。

そんな職人さんの一人がつくる「栗の木のかご」シリーズが、
このほど当店に到着しました!!


ふちや持ち手の部分に、こげ茶色の栗の枝をそのまま使っていて、
くっきりとしたコントラストが印象的です。

「少なくとも5代前から、わが家はかご作りが家業なんだ。
もしかしたらもっと前からかもしれないな。
でも、今、家族の中でこの仕事を継いだのは僕だけ。

子どものころから、父親の仕事を見ながら育ったから、
僕にとってはごく自然なことだったんだ。」

そう語ってくれました。

スペインの人びとの暮らしとともに
長い歴史をきざんできた、素朴で、頑丈なかごです。

フランスとの国境に近いバスク地方でも、同様の栗のかごが作られていて
当店でも以前はバスクのものを取りよせていましたが、
今後は、長い歴史をもつこのカスティリヤ地方の製品を扱っていく予定です。

みなさま、どうぞよろしくお願いします!

◎スペイン 栗の木のかご
http://kagoami.com/SHOP/90567/list.html

朝子


追記:
一回の入荷数に限りがあり、販売開始から間もなく、在庫切れの製品が
出てしまいまして、たいへん申し訳ありません。
次回入荷は、12月中~下旬の予定となっております。
再入荷時のご連絡をご希望の方は、商品ページの「入荷連絡を希望 」をクリックして
メールアドレスをご登録ください。

2013-10-24

かごのある暮らし “こどもとの日々編” (あんず様)

「かごのある暮らし写真」シリーズ、
今日は東京都のニックネーム「あんず」様からのお写真を
ご紹介したいと思います!
 
だんだん近づいてきた楽しみなクリスマス。
あんずさんの息子さん、ユウ君がとても大事にしているのは、
サンタさんからプレゼントをもらうための、白樺のブーツだそうです。
 
「クリスマスイブの夜は、このブーツを枕元に置いて
サンタさんを待つ・・・うちにぐっすり・・・ 
 ぐっすり
 
朝起きると、大きなブーツの中にお願いしていたプレゼントが(* ゜∀゜)=3!!
 
やったー!

ちなみにあまりに素敵なこのブーツ、年に一度の顔見せではもったいないので、
いつもリビングに飾ってあります^^
我が家に来たのは数年前。今は経年の変化で、だいぶ飴色に近い
深い色合いになりました。」
 
このブーツにこの笑顔!サンタさんも届け甲斐があったことでしょう~。
 
 
もう一点は、白樺の大きな手提げかごです。
こちらもスウェーデンのものだそう。
 
「普段は私の編み物の道具が入っていますが、毎年親戚から送られてくる
リンゴが到着すると同時に、リンゴかごになります^^


ひとつづつ数えてカゴに移し、運び・・・たいけど重くて運べない!!
あまりに大きなカゴなので、いっぱいにいれると、ユウの力では
びくともしません。」

ネコちゃんたちも、中に入ろうと
スキをうかがい中
 
冬が近づくこの季節、白樺かごのあるお部屋のあたたかな雰囲気が、
じんわりとつたわってきます~。 
 
あんず様、たくさんの素敵なお写真をありがとうございました!

おまけの一枚。
ユウ君お気に入りの「たわしねずみ」の
おうちになった、白樺の小かご。
  
 
 

2013-10-20

津軽のこぎん刺し

皆さまこんにちは。朝子です。

今日は雨の日曜日。 ぐっと秋が深まってきたこの時期、
国立店の方には、今日から、「津軽のこぎん刺し」が仲間入りしました。

こぎん刺しは、藍染の麻布に、麻や木綿の糸で、
こまかな刺し子をほどこした、うつくしい手刺繍。

青森県、津軽地方の伝統的な手仕事のなかでも、
代表的なもののひとつです。




ひし形をベースに、「カチャラズ」、「矢の羽刺し」「石だたみ」「猫のあし」など、
典型的な図案が何種類もあり、いまも大切に受けつがれています。




着るものにまできびしい制約があった藩政の時代、
厳寒の津軽の地で、農家の女性たちが、麻の衣を少しでも丈夫に、
あたたかく着られるようにと、一針一針、長い時間をかけて仕上げたそうです。

その凛とした美しさは、古くてあたらしく、
心の奥底にひびくなにかがあるような気がします。

同じ土地にうまれたからでしょうか、あけびのかごと、こぎん刺しの
組み合わせも、本当にしっくりとよく似合います。


 
 
 

巾着、名刺入れなど、いまの暮らしの中に取り入れやすいものが
たくさん揃いました!
まずは店頭にて、お手に取ってみてくださいね。

ウェブサイトの方でも、今後の販売を検討しております。
どうぞおたのしみに!

2013-10-17

かごのある暮らし “こどもとの日々編” (びっきー様)

皆さま、こんにちは!朝子です。

先週まで30度近く、夏のような気温だったというのに、
台風が過ぎたとたん、急に秋が深まってしまいましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

さてさて、しばらくぶりの「かごのある暮らし写真」シリーズ。
今回のテーマは、「こどもとの日々」編です。

今日は東京都のびっきーちゃんのお写真をご紹介します! ↓↓↓

 
たっぷりとおもちゃを詰めたこのかごは、大きなあけびのかご。
まあるいリング型の持ち手は、赤ちゃんの移動に合わせて
あちこち持ち運ぶのに便利そう。


「いつの間にかおもちゃ入れになっていました。
使ってみると通気がいいので清潔にしていられるし、
自然の物に触れる機会が出来て安心です。
のちのち 用途は変わると思いますが、思い出の品になることでしょうね。」

そうですね! 大きめのかごは、お子さんの成長に合わせて、
入れるモノをどんどん変えていけるのもよいところ。

ちなみに、元気いっぱいカミカミしてるのは、ウサギちゃんの耳でしょうか?

びっきーちゃん様、とってもかわいいお写真を大変ありがとうございました!


朝子



2013-10-13

マーケット二日目です

今日は、『古来種と野菜のマーケット』、2日目になります。
 
昨日の初日は、たくさんの方にお越しいただきまして
本当にありがとうございました!
 
 warmerwarmer代表の高橋さんご自身が
腕をふるってくれる
古来種食堂のランチ。
一品一品にそれぞれの滋味があり、
じっくり味わっていただきましたー。
 
  
日本各地から届いた色とりどりの古来種野菜と、
素材もさまざまな手仕事のかご。
相性はやっぱり最高です。
「伝え残したい」という共通のテーマもあるけれど、
まずはおいしそう、楽しそう!
 

 今回はスペースも広く、かごの種類もとっても豊富です。
海外から届いたばかりの、初登場品も!
 
 
展示は今日、13日(日)までです。
秋晴れの週末、吉祥寺のキチムに、ぜひお立ち寄りくださいね。
 
朝子

2013-10-11

『古来種の野菜とかごのマーケット』@吉祥寺、いよいよ開始!

いよいよ明日、10月12日(土)から2日間にわたり、
『古来種の野菜とかごのマーケット -warmerwarmer×カゴアミドリ- 』が、
開催されます!



会場となる吉祥寺の「キチム」さんでの販売会は、実に二年半ぶり。
そういえば、「warmerwarmer」さんとはじめてお会いしたのもこの場所でした。

当時、代表の高橋さんに、在来種の野菜を次世代に伝える活動のことを伺った時、
かたちは違うけれど、当店で扱う製品の背景や、目標としている理念と
どこか共通する点が多くあるように感じました。

そして、いつか一緒に企画ができれば、と思っていたので、今回
このようなかたちで実現できたことをうれしく思っています。


当店からは、日本に限らず、いろいろな国の手仕事をぜいたくに
並べてみたいと考えています。希少なもの、1点ものも多数展示予定!

また、野菜とかごの販売だけではなく、
古来種野菜をふんだんに使った「古来種食堂」も、同時オープン。

当店のかごも一緒にテーブルを彩りますので、こちらもぜひ
お楽しみいただければと思います。
(12:00-15:00 限定40食 ご予約をおすすめします。)


Date:2013年 10月 12日(土)、13日(日) 12:00 - 19:00
Place:キチム (JR中央線 吉祥寺駅 北口 徒歩10分) 







大きな地図で見る

*「キチム」は、1Fに紅茶屋さんと絵本屋さんがあるビルの、地下1階です。


多くの皆さまにお会いできるのを楽しみにしております!

伊藤朝子




2013-10-01

小金井「はけのおいしい朝市」

こんにちは。朝子です。
10月に入りました!エアコンもいらなくなり、気持ちのよい日が続いていますね。

さて、10月6日は、小金井で「はけのおいしい朝市」が開かれる日。

今回は、なんと開催50回記念ということで、いつもとは場所を変えて、
小金井神社の境内で、盛大に開催されます。

30を超えるお店に加え、ワークショップやライブなど、盛りだくさんの内容。
にぎやかな一日となりそうです。

カゴアミドリも参加します。
お近くの皆様、ぜひお立ち寄りください!


『はけのおいしい朝市』 -第50回記念 小金井神社開催-

日時: 10月6日(日)  9:00-16:00
場所: 小金井神社 (地図)
詳細: 「はけのおいしい朝市」公式HP 

hake_top_hake10.jpghake_top_hake10.jpg
 
 
「はけ市」が素敵だな、とわたしが感じる理由はいくつもあるのですが、、、
 
一番はやっぱり、「はけ」と呼ばれる自然豊かな土地をベースに、
自分たちが暮らす場所を愛し、大切にしたいという気持ちが伝わってくること。
 
そしてなんといっても
主宰している皆さんの個性や、魅力によってつくられてきた
他にはないイベントだというところでしょうか。
 
地域の皆さまで、まだ足を運んだことのない方は
この機会にぜひ一度のぞきにきてくださいね!
 
朝子
 

2013-09-29

『手づくりする竹のかごと器』、発刊

澄んだ秋空が見られるようになってきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、近ごろ、かごに関する書籍が出版されました!
誠文堂新光社の『手づくりする竹のかごと器』です。





かごの素材としては、日本では最もポピュラーな「竹」。

そのキリリと美しい竹に焦点をしぼり、産地と作り手、そこでつくられる
竹製品の魅力を探っています。

関連書『つると草の編みカゴの本』の著者でもある、
ライターの嶋崎千秋さんが、手仕事のうまれる現場をたずね歩いた
丁寧なレポートは、読みごたえがあります。


この本が、当店サイトからも購入いただけるようになりました。

『手づくりする竹のかごと器』 (誠文堂新光社)
http://kagoami.com/SHOP/OB105.html


写真が豊富で、秋の夜長に、ぱらぱらと眺めるのにも
うってつけの一冊です。

朝子




2013-09-25

「古来種の野菜とかごのマーケット」 チラシができました!


ここ数日で、だいぶ秋らしい気候になりましたね。
こちら東京にしがわの朝晩は、いつのまにか涼しさを通り過ぎ、肌寒いくらいです。
 
さて、来月10月12日(土)、13日(日)に吉祥寺でおこなう
「古来種の野菜とかごのマーケット」も、開催まで2週間とすこしとなりました。
 
お願いしていたイベント用のイラストが仕上がりました!
秋の空のような水色の上に、古来種の野菜、かごやザルが並びました。
 
  
チラシは会場となるキチムや吉祥寺周辺のショップ、国立周辺で
配布する予定です。
(こちらからもご覧いただけます!→ http://p.tl/olGQ )
 
また、今週末よりハガキの送付も行ってまいりますので、
送付希望の方がいらっしゃいましたら、info(アットマーク)kagoami.com
までお知らせください。
 
当日は、たくさんのみなさまにご来場いただけることを楽しみにしています!
 
伊藤征一郎

2013-09-20

「かごのある暮らし写真」 募集スタート!

こんにちは、朝子です。

秋ですね!
新しい季節のはじまりに、ちいさな企画をひとつ。
「かごのある暮らし写真」キャンペーンを開催したいと思います。

皆さまの楽しい “かごのある暮らし” を、お写真でご紹介いただくこの企画、
テーマも新たに、募集いたします!!

☆☆☆

第4回目となる今回のテーマは、【こどもとの日々】です。

日々成長していくこどもたちのモノは、服のサイズからお箸の長さ、
お気に入りのおもちゃや絵本まで、たえまなく変わっていきます。

そして常に、部屋のどこかが散らかされ、片づけを繰り返す毎日。。。

我が家の場合、大型のおもちゃかごと、絵本かごを採用したのですが、
ぽいぽいと放り込んで片付いてしまう(ような気がする)かごの活躍に
ずいぶんと助けられたものです。

これらのかごは、今後も目的や場所を変えて使っていくのだけれど、
こどもの成長とともに歩んできた記憶は、きっと消えないんだろうなぁと
思っています。

そこで!
お子様との暮らしに、上手にかごを採り入れているみなさまの、
ちょっとしたアイデアなどをシェアしていただけたらと思っています。

もちろん、なにげないスナップ写真も大歓迎です。
お子様とのかごライフをきりとった写真をお送りください!


  
 
+++++++++++++++++++++++++

「かごのある暮らし写真」キャンペーン - 子どもとの日々 編 -

ご応募くださった方には、当店のお買いものポイントを300ポイント進呈、
さらに当店ウェブサイトに掲載された方にはプラス200ポイントを
プレゼントいたします。
(ポイント蓄積には会員登録が必要となります。)

【応募方法】
以下の情報を、メールにて こちら までお送りください。

1. お客様のお名前(掲載しません)
2. ニックネーム(サイトに掲載させていただくお名前)
3. お住まいの都道府県
4. かごの名前 (素材や産地。当店の商品でなくても結構です!)
5. コメント (使い方、気に入っているところ、思い出など)
6. かごの写真(縦または横のサイズ:320ピクセル以上。何枚でも。)

【応募期間】
2013年10月下旬まで

+++++++++++++++++++++++++

ぜひぜひ、ふるってご参加ください!ご応募お待ちしております。


■過去の「かごのある暮らし」記事は こちら


2013-09-13

『古来種の野菜とかごのマーケット』 @吉祥寺キチム

こんにちは。伊藤征一郎です。
少しづつ秋の気配が深まってきましたね。

秋といえば、実りの秋、収穫の秋、食欲の秋・・・、そして気持ちのよい
秋風が吹く、おでかけに最適の季節ですね。
今日は、そんな秋の雰囲気たっぷりのイベントを紹介したいと思います。

10月12日(土) 13日(日)の二日間、吉祥寺のキチムにて、
二年ぶりの販売会を行います!

今回は、古来種の野菜とたねを守る活動を精力的に行っている
warmerwarmerさんとともに、
『古来種の野菜とかごのマーケット』を企画しました。


また、 期間中は「古来種の野菜食堂」もオープン!

ひとつひとつの野菜が本当に美味しいので、ぼくもとても楽しみです。

 
いよいよ開催まで、あと一月。
ぜひ、たくさんの方におこしいただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
 

**************************

『古来種の野菜とかごのマーケット』
          warmerwarmer×カゴアミドリ

ずっとずっと、何百年も続く物語をもつ「古来種」の野菜。
くらしの必需品として、技が受け継がれてきた「かご」。

その一つ一つには、個性的な表情と味わいがあり、
つくり手一人一人のストーリーがあります。

いま、伝え残したい「古来種の野菜」と「かご」を、
warmerwarmerとカゴアミドリがお届けします。

*開催中はwarmerwarmerによる古来種食堂も同時開催です!
(古来種食堂 12:00~15:00 限定40食)
※古来種食堂は、ご予約がないと提供できない場合がございます。
お手数ですが、できるだけお早めにご予約をお願いたします。
info@kichimu.la へメールにてご連絡ください。
(お名前、携帯番号、人数、ご来店の日時をご明記ください)

日時:10月12日(土)、13日(日)12:00~19:00
場所:吉祥寺 キチム
      JR中央線・京王井の頭線 吉祥寺駅 徒歩10分 (地図)




warmerwarmer プロフィール

古来種のお野菜を知っていただくために、その種を守るために、
語りつなげる活動としてトークイベントやワークショップ、移動八百屋を
展開しています。

命ある種から作った野菜は、いつか食べたことのあるような懐かしい
おいしさを持ち、その野菜の背景には、物語がたくさん詰まっています。

生命力のある野菜を頂くことで、土との距離が近くなり、四季折々の
暮らしが豊かになる、そんなライフスタイルを語り継ぐことができる
八百屋を目指しています。


2013-09-07

【募集開始】国立店でかごを販売してみませんか?


 カゴアミドリでは、現在かごづくりを仕事としている人、そして、これから
かごづくりに携わりたいと考えている人を応援したいと考えています。
 
そこでこのたび、カゴアミドリ国立店の販売スペースを無償で提供する
試みをスタートさせます。
 
日本のいたる地域で、かごのつくり手の減少、製作者の高齢化が
深刻な状況になっていることは、多くの方がご存じのことと思います。
 
そのような現状の中で、手作りのかごの販売している当店は、
作り手と使い手の距離を縮めることによって、この状況に風穴をあけ、
解決にむけてできることはないか、模索していきたいと考えています。
 
 
本企画は、自ら製作したかご、または地元でつくられているかごを、
直接販売する機会をもちたいと考えている方に、国立店の販売スペースを一定期間、
無償で提供するというもの。
 
当店のお客様とのコミュニケーションを通じて、なにか新しい試みや、
決断をするきっかけになれば、たいへんうれしく思います。
 
【内容】
カゴアミドリ国立店の販売スペースの提供。
 
【募集する人数】
2-3名程度
 
【応募条件】
販売期間中は、在店いただけること(日程の一部でも可能)
かごは、天然素材を主材料とし、アフターサービスなどの対応ができるもの。
 
【募集期間】
2013年9月~
 
【実施期間】
2013年11月~
 
※販売以外にかかる経費については、実費をご負担いただきます。
(商品の配送代金や、ご希望によりDMを製作する場合など)
※選考の結果、ご期待に添えない場合もございます。
 
まずは、電話かメールにて、お気軽にご相談ください。
みなさまのご応募を、心よりお待ちしております。
 
カゴアミドリ 伊藤征一郎

2013-09-01

国立店より、9月営業日のお知らせ

こんにちは。

今日から9月となりましたね!
とはいえ、まだまだ秋の気配が感じられない東京の西側ですが、
国立店より9月営業のお知らせをいたします。

9月の日曜日は、国立店の営業をいたします。
これまでの木・金・土に加えて、週4日間の営業となります!
今月は、三連休も多い月となりますので、ぜひたくさんの方にお立ち寄り
いただければと思っております。


Webサイトのトップページも秋らしいイメージに変更しました!

なお、10月には、吉祥寺と小金井、そして鹿児島でのイベント出店を
予定しておりますので、通常営業(木・金・土)に戻る予定です。

イベントは詳細が決まり次第、ブログにてお知らせいたしますので、ぜひご期待ください。

どうぞよろしくおねがいいたします。

伊藤征一郎