2013-02-22

かご小話: かごが生まれる場所 ... 宮崎県 日之影町

先日の九州旅行では、若手竹職人の小川鉄平さんに
お会いするため、宮崎県の日之影町にも足をはこんできました。

そこは、自然に恵まれた山あいの小さな集落です。

この地に移り住み、伝統的な竹細工を継承しようとしている
小川さんのお話をぜひ聞いてみたいと思ったのでした。


真竹をつかった竹細工が盛んだったこの地域では、
「かるい」とよばれる背負いかごや、川魚を捕える「てご」、「うなぎぽっぽ」といった、
ここでの暮らしに根ざした、さまざまな道具が作られてきました。

名手のおひとりに、現在は90歳をこえ現役を引退されている
廣島一夫さんという方がおられます。

その作品は、1990年代初頭、アメリカの学芸員の来訪をきっかけに、
海外で高い評価を得、スミソニアン協会の美術館をはじめ、
米英各地で巡回展が開かれるほどでした。


日之影を代表する竹細工
「かるい」
 

小川さんは、この町のもう一人の名人、飯干五男さんに弟子入りしたのち、
日之影町の伝統を受けつぐ職人として、精力的にかご作りをつづけておられます。

たくさんの竹かごを生み出してきた、
飯干五男さんの手

訪問した日、町の高台からは、棚田やお茶畑、たわわに実るみかんの
木々が見渡せ、のどかな冬の午後の美しい景色に遭遇しました。

小川さんのお話を伺ううち、この里山の風景は、自然と人との交わりが
あったからこそ生まれた、、、というその意味が、分かってきたような気がしました。

長い年月をかけて急峻な山間部を切り開き、手塩にかけて暮らしを
作り上げてきた、土地の人びとの苦労。そして工夫。

日之影のすばらしい竹細工も、その賜物にちがいありません。


今日は少し冷えますね、といいながらストーブに薪をくべてくれた
小川さん。未来を見据えるまっすぐなまなざしが印象的でした。

2013-02-19

昭和村の雪祭り

こんにちは。
日一日と春の気配が近づいてきたと思ったら、今日の東京は数度目の
雪となりましたね。

先週末は、福島県の奥会津に行ってきました。
からむし織やまたたび細工など、ていねいな手仕事で知られる昭和村です。

今回の目的は、地元の「ゆきまつり」を見学すること。
いろいろな知り合いやつくり手の方から、この雪まつりのことを聞いていて、
かねてから足を運んでみたいと思っていたのでした。

ゆきまつり当日は、快晴! 
前日の大荒れの天気から一変。青空に恵まれました!

廃校になった喰丸小学校は雪に覆われていました。

会場も、もちろん一面の雪。
つきたてのお餅や、甘酒は無料でふるまわれ、たくさんの郷土料理の
お店も並びます。





なかでも目を引いたのが、お餅の専門店。
出店にしてはあまりに種類が豊富なので、思わず見入ってしまいました。
「栃餅」・「凍み餅」・「三色餅」・・・、えっ、「バンディー餅」。

バンダイ地方由来の餅なのかと思って、ひとりのおばあちゃんに聞いてみると、
「もち米」じゃなく「うるち米」を使っているからとのこと。
結局、バンディーの名の由来は教えてもらえませんでした。

おなかを満たした後は、からむし織の「雪晒し」の実演を見学。
このような晴れわたった朝に、水に濡らしたからむし織を、固まった雪の上に広げると
布が白く、しなやかになるとされています。
紫外線と水蒸気の化学反応を利用したもののようで、先人たちは
暮らしの中の経験で知っていたのでしょう。

 
 
   風が少し吹いただけでも大変そう。
ゴム手袋のなかった時代は本当にたいへんな作業だったことでしょう。
 

豪雪地帯のこの土地で、しかも一年で一番雪の多いこの時期に開催される
ゆきまつり。

そこには、家にこもりがちな季節に、準備のための会合を重ね、
人々の交流を促す意味も込められているように思われます。

厳しい冬をのりこえるための、特別な意味あいのまつりであるように
感じられました。

征一郎

2013-02-12

パレスチナのベビーバスケット



先日届いた大きなかご。 赤ちゃん用のバスケットです。

  
底は厚い木の板で、とても安定感があります。
ふわふわのお布団をしいたら、くるまれる感じが心地よさそう~。

 
届けてくれたのは、パレスチナの女性たちを支援しているNGO、
 
その製品の中にお人形遊び用のバスケットがあるので、
「本物の赤ちゃん用のはできませんか?」とお願いして、作ってもらいました。


素材は、地中海をのぞむ乾いた土壌に
たくましく成長するナツメ椰子(デーツ)や、オリーブ。
 
日本では「実」のほうが有名だけれど
その枝を組み合わせると、とてもシックな色合いの、
かごらしさ満点のかごになるのです。
 
 
 
このパレスチナのベビーバスケット、これから出産する友だちに
実際に試してもらおうと思っています。 楽しみ!

朝子

2013-02-11

長野県小谷村の結婚式

こんにちは。
三連休の最終日、みなさんどのようにお過ごしでいらっしゃいますか?

長野県小谷村在住の友人で、当店の写真も一部お願いしている
写真家Sakkoさんより、地元のご友人の結婚式の画像を紹介いただきました。

とても素敵なので、みなさんにもシェアさせていただきます。




「長野県小谷村にある人口の7割が65才以上の限界集落大網地区。
大網に生きて行こうと­決心した二人の門出を撮影しました。
装飾は仲間たちが、料理は地元のおばちゃん達が作り、姫川太鼓が鳴り響き、
村を行列す­る日本の古き良き結婚式です。」

ぜひご覧になってみてください。

征一郎