2013-08-24

「トモノイタ展」初日がはじまりました!

こんにちは。
本日、トモノイタ展の初日がはじまりました。
TOMOT氏も、早速実演を開始!


ときおり、燻し出される煙が空間に漂います。



完成品をご購入いただく方、独自のデザインをオーダーをいただく方は約半分づつ。
その一部をご紹介します。

白熊の出会い


フライング皇帝ペンギン

本日いただいた、オーダーのデザインを発表すると、、、
「パンダ」 「木魚」 「ビスケット」 「パグ」 「サーフボード」 「虹」 など、とても
バリエーション豊富。


僕たちも、製品の出来上がりが楽しみです。
明日が最終日となりますので、ぜひご来場ください!


征一郎

2013-08-20

『焼き絵 トモノイタ展』開催します

8月も後半に入り、ようやく朝晩には、心地よい風も吹くようになってきましたね。

さてさて、8月最後のイベントのお知らせです。

8月24、25日の土日は、『絵かきのつくる 焼き絵 トモノイタ展』を、
国立店にて開催いたします。



絵かきのTOMOT こと 鈴木知道さんの描く絵は、物語のワンシーンを切りとったよう。

そんな彼の絵が、木の板の上に繰り広げられたのが、<トモノイタ>です。

ヒノキや胡桃など、国産無垢材の まな板やカッティングボードに、
それぞれに異なる木の個性を生かしながら
バーニングペンを使って、すこしづつ焼き付けていきます。


展示期間中は、TOMOT氏が在廊し、<焼き絵 トモノイタ>の販売、
そして実演も行います。

お手持ちの木工品に、オリジナルデザインや、名前などを入れることもできるそう!
ぜひご持参ください。

+++++++++++++++++++++++++

 『絵かきのつくる 焼き絵 トモノイタ展』

Date:2013年 8月 24日(土)、25日(日)  11:00 - 18:00
Place:カゴアミドリ国立店 (JR中央線 国立駅 徒歩5分)



<トモノイタ>のこと
TOMOT/鈴木知道 ウェブサイト

+++++++++++++++++++++++++


みなさまのご来場をお待ちしております!

朝子


2013-08-16

オリーブの木から生まれたものたち

こんにちは、朝子です!
8/18まで開催の『ケニアの手仕事展』では、アフリカンオリーブと呼ばれる、
重硬なオリーブの木を使った、木の製品も充実しているんですよ。

木目のうつくしさと、濃淡のコントラストが特徴。
密度が高いので、持つと手にしっかりと重みが感じられて、
頼りがいのあるキッチンツールたちです。


少しですが、写真でご紹介してみたいと思います。

定番のターナー。硬くて丈夫なので、
炒めものにも活躍します。
 
 

小さなスプーンたち。
中央の3点セットは、スパイス用。
右下の、赤ちゃん用のにぎにぎスプーンは、
出産祝いに贈りたくなるかわいさです。
 

木材を保護するため、蜜ろうを含んだ
オイルでふき仕上げをしてあります。
とても滑らかな手触り。
お子様の口に入れても安心です。
 

おおらかなデザインのトレーやボウルにも
眼をひかれます。
布とあわせると雰囲気が出ますね。


ひとつひとつ、ケニアの木工職人さんが手彫りしています。

本展は8/18(日)まで。
アフリカンオリーブの手触りをたしかめに、
ぜひお店に遊びにいらしてくださいね。

朝子

2013-08-09

ケニア・色いろいろ

今日も暑さが続いていますね。
炎天下で試合をする甲子園の球児たち、、、こころから応援しています!
(高校野球ファンなんです、じつは。)

さて昨日から『ケニアの手仕事展』がはじまり、
カゴアミドリの店内はケニア色に満たされています。

サイザルバッグだけでも、その数約120点!
ミニから大型のものまで、形も色もとりどりです。


 
そしてオリーブの木からけずり出したキッチンツールたち。
くっきりとした木目と、手掘りならではの触りごごちの良さが
なんだか心に残ります。
 

加えて、ケニアの暮らしに欠かせない、大判の布「カンガ」も
たくさん揃っています!

カンガには一枚一枚、スワヒリ語で短いメッセージやことわざ、
格言のようなものがプリントしてあります。


それぞれに日本語の翻訳が付いているのですが、それが結構おもしろくて。

たとえば、、、

・人生の幸福は愛にある。
・二人が愛し合えば、どんな敵も傷つけることはできない。
、、、ふむふむ。

・人びとは平和のために。
・大きな仕事は大きな責任を伴います。
・全てを変えることは不可能です。
、、、確かに!

・休暇中。神に祝福あれ。
、、、??


ちなみに、今回はカンガで作った「あずま袋」もご用意しています。



なぜかといいますと、これがサイザルバッグの内袋にぴったりなのです!




ケニアの手仕事の世界、ぜひ覗きにいらしてくださいね。

朝子

2013-08-05

『ケニアの手仕事展』を開催します

皆さま、こんにちは。朝子です。

お盆が近づき、夏休みや帰省など、ふだんとはちがう時間を
過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

さて今日は、次回展示会のご案内です。

8月8日(木)から18日(日)まで、カゴアミドリの店頭にて
『ケニアの手仕事展』 を、開催いたします。 


今回は、葉山のen plus(オンプリュ)さんにご協力をいただき、
カンバ族の女性達がつくるサイザル麻のバッグを、
色とりどり、形もさまざまに、たくさんご紹介したいと思います。

くわえて、大判の布「カンガ」や、オリーブの木を彫り出した
キッチンツールなど、ケニアの暮らしから紡ぎだされた
心地よい道具たちが、カゴアミドリの店頭を飾ります。

ぜひお立ち寄りください!

***********************************************************
Date:  8月8日(木)~18日(日)
(※会期中の 月/火/水は定休日となります。ご注意ください。)

Open: 11:00~18:00

Place: カゴアミドリ 国立店
(JR中央線 国立駅南口 徒歩5分 access: http://goo.gl/ZNn40 )

***********************************************************

「カンガ」は、鮮やかなプリントの大判の布です。
現地では民族衣装として体に巻き付けて着用するほか、
生活のあらゆるシーンで利用されています。

一枚一枚にスワヒリ語の短いことわざや格言が刷ってあるのが
おもしろいところ。愛の言葉から、親の想い、人生訓まで、
女性たちは、自分の伝えたい気持ちの言葉が書かれた「カンガ」を
選び、身につけるのだそうです。

そんな奥ゆかしい文化を持つケニアの女性たちの日々に、
想いをはせてみてるきっかけにもなればと思います。

それでは、皆さまのご来場をお待ちしております!

朝子

2013-08-02

8月4日は「ゆる市」へ!

当店がある国立は、東京西部の落ち着いた雰囲気の街です。
街のまん中にあるのは、一橋大学と、桜並木の大学通り。

映画「おおかみこどもの雨と雪」の冒頭は、国立が舞台になっていて
見慣れた街かどがたくさん登場します。

クラフト作家さんのアトリエや雑貨店、カフェなどなど、
魅力的な個人店が多いのも、この街のおもしろいところ。

そんなお店どうしのつながり、そしてお店に集う人々との
つながりをゆるやかに広げていきたい、ということで
定期的に開かれているのが「kunitachi ゆる市」です。

今週末、8月4日(日)に開かれる「ゆる市」に、カゴアミドリも参加いたします!


ものづくりに携わる方が多く出店するこのマーケットには、
服、布、革製品、雑貨 などなど
暮らしを彩る手仕事の品がたくさん並びます。

フード部門も、かなり魅力的!
6つの店が、夏のお祭り気分満載のメニューを展開、
屋外ライブも予定!ということで、とっても期待が高まります。

************************************************
第4回 kunitachiゆる市

日時:   8月4日(日) 15:00~20:00 ※雨天決行
場所:   Norbulingka  と  ki-to-te

詳細はゆる市ブログにてご確認ください。
http://yuruichi.exblog.jp/

会場へのアクセスマップはこちらです。
http://yuruichi.exblog.jp/17933575/

************************************************

ぜひ夕涼みがてら、「ゆる市」にぶらりとお立ち寄りくださいませ。

朝子