2013-11-29

「北欧のかごと暮らし展」 はじまります

こんにちは、朝子です。
 
少しづつ準備してきました『北欧のかごと暮らし展』、
いよいよ明日からスタートです。
 
展示するかごたちを、すこしづつ並べています。
 
 
 
 
北の地で紡がれてきた手仕事のあたたかみが、
みなさまに届きますように。
 
『北欧のかごと暮らし展』、 明日11月30日(土)よりはじまります。
 
 
ぜひお運びください。
 
朝子


2013-11-25

『北欧のかごと暮らし展』 開催


皆さま、こんにちは!朝子です。
いよいよ冬らしい日が増えてきましたね。11月も終盤です。


今日は、国立の店舗でおこなう今年最後の展示会のお知らせです。

11月30日(土)から12月15日(日)まで、
 『北欧のかごと暮らし -Basketry in nordic life- 展』 を開催いたします。

ぐっと気温が下がるこの時期。

長い冬をあたたかく過ごす技に秀でた北欧各地の
伝統的なかごを取り上げ、素材や技法、使い方や一点ものなど
その魅力を余すところなくお伝えしていきたいと思います。

スウェーデン、フィンランド、バルト三国など北ヨーロッパ各国の
それぞれの土地と暮らしに根付いた、独特のかごをお楽しみください。


x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x
 『北欧のかごと暮らし
         -Basketry in nordic life- 展』

 日時: 11月30日(土)~12月15日(日)
 11:00 - 17:00  (月火水 定休)

 場所: カゴアミドリ国立店 map
x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x  

























クリスマスのお部屋を彩るかごや、ギフトに向いたアイテムも
きっと見つかることと思います。

会期中、3千円以上のお買い物をいただいたお客様には、
ちいさなプレゼントをご用意しております。

北国の暮らしに息づくかごを探しに、ぜひお立ち寄りください。

朝子

2013-11-22

世界のカゴ展、明日から宮崎のLIBERTYへ!

こんにちは。
南九州を巡回している『世界のカゴ展』情報です。

いよいよ明日は宮崎へ!
宮崎市のLIBERTYさんにて、明日より開催いたします。

なんと、これに合わせて 初日と二日目には、LIBERTYさんの裏庭で
「ガーデンマルシェ」も開かれるそう。


 家具や、雑貨、本、そしてスイーツにカレー食堂も!
これは楽しい週末になりそうです。

 宮崎の皆さま、ぜひお立ち寄りください!

*****************************************

LIBERTY  (宮崎市)

1123()12 4()
(11:30 - 19:00 月曜定休)

宮崎市新城町5-1
TEL: 0985-32-7770
URL:http://liberty42.net/

*****************************************

2013-11-12

鹿児島のおかべかご

こんにちは。

先月末、鹿児島のアラヘアムさんでの展示の際、
すこし足を伸ばして、いつもお世話になっている「おかべかご」の
職人さんを訪ねました。

「おかべ」とは、この土地で豆腐の意味。
昔、豆腐屋さんに買い物に行った際、このかごに入れておけば
帰ってくるころに水が切れている といった具合に、
当時はどこの家庭でもみられた生活のかごでした。

現在では、お弁当かごや裁縫箱などに利用されるお客様が多く、
我が家では子供の行事など、家族用のお弁当かごとして活躍しています。


なんと、この日はちょうど、当店が依頼していた「おかべかご」の製作中!
ここ最近のいろいろな話を伺いつつ、作業の現場を見せていただきました。


こちらが、本体の側面にあたる場所。
 

端正な編み目に浮かび上がる波模様が圧巻です。
これまで培ってきた技術をもとに独自に考案した「升(ます)網代の応用型」
の美しさに目を見張ります。

これを筒状に組み合わせ、円柱型にします。



つぎに枠を取り付けます。


外側用と内側用に、大きさと厚みを変えた竹枠を、
外→内の順で、はめ込んでいきます。

本体には真竹を使いますが、枠には、孟宗竹を使用する場合がほとんど。
孟宗竹は、節の部分のデコボコがよりすくないので
枠作りには向いているのだそうです。

竹を直角に曲げる作業には、今はガスバーナーを使っていますが、
その昔は炭を使用していたため、今より何倍もの時間がかかったそうです。


30年以上前に作ったご自身のおかべかごを見せていただきました。
今なお現役で使える丈夫さと、その存在感に、ただただ見入ってしまいました。


作り手のかたは、この道60年近いキャリアをもつ職人さんです。
師匠の師匠から譲り受けた道具を、今も大事に使用されていました。

よくみると、刃の根本の頻繁につかう箇所は
歯が薄くなっていました
 
残念ながら、今のところ後継者はいないそうです。

この地のおかべかごの伝統が絶えることなく、
この道具たちも、いつか新たな作り手のもとへと旅立つ日がくることを
願わずにいられません。

伊藤征一郎

2013-11-09

世界のカゴ展、216 JUNCTION STORE へ


つづきまして、南九州を巡回している『世界のカゴ展』情報です。

九州の南端にちかい、鹿屋市の「アラヘアム」での展示は、先日で終了。

初の九州での展示会でしたが、とてもたくさんの方にお越しいただくことが
できました。見に来てくださった皆さま、アラヘアムの皆さま、
本当にありがとうございました!

そして本日11月9日(土)より、二つ目の開催地である鹿児島の
216 JUNCTION SOTRE」での展示がスタートしました!

 
216 JUNCTION SOTREのコンセプトは、街のジャンクション。
人、モノ、場所をつなぐ、セレクトショップです。

20日までの期間中、厳選された服や雑貨が並ぶこの空間に、
日本をはじめ、世界各国の、素材もさまざまな手仕事のかごたちが並びます。
九州では紹介されることの少ない、東北地方の製品もいろいろと。

カウンターで、お手製シロップのソーダをオーダーして、
ドリンクを片手に「さつまもの」情報をあれこれと聞かせてもらうのも
ここを訪れた時のお楽しみのひとつです。

お近くの皆さま、ぜひこの機会にお立ち寄りください!

*****************************************
『世界のカゴ展』@ 216 JUNCTION STORE
11月9日(土)~20日 (木) 
(11:00-19:00/木曜定休)

鹿児島市東千石町10-12-1F
Tel:099-222-1216
www.ni-ichi-roku.com
*****************************************

☆ 11/23(土)からは宮崎の「LIBERTY」、12/7(土)からは熊本の「GREEN NOTE」へと
  めぐってまいります。

秋のkunitachiゆる市


皆さま、こんにちは、朝子です。
木々の葉っぱも色づき、ずいぶんと秋が深まってきました。

明日11月10日(日)は「kunitachiゆる市」の日。
カゴアミドリのお店がある国立市内で、時々開かれているたのしいマーケットです。

 
前回の「ゆる市」は、夏の夕暮れでした。

この街でしか出会えないお店が一度にあつまるこのイベント、
毎回、おとなも子どもも、ゆったりと楽しむ姿が印象的です。

ちいさなご縁が重なって、当店も今回から事務局をお手伝いする
ことになりました!

明日も、ゆるやかであったかなむすびつきが、そこここで生まれる
すてきな一日になりますように。

ご来場の皆さま、暖かくしてお越しください。
今回はカゴアミドリの出店はありませんが、私も会場におりますので、
もし見かけたら声をかけてくださいね!

朝子

◎ kunitachiゆる市
     blog: http://yuruichi.exblog.jp/
     FB:  https://www.facebook.com/kunitachiyuruichi


2013-11-07

かごのある暮らし “こどもとの日々編” (こぱん職人様)

皆さま、こんにちは、 朝子です。
 
本日は、東京都にお住まいの  こぱん職人 様からのお写真を
紹介させていただきたいとおもいます!


お布団の上で心地よさげにコロンとしている、かわいい赤ちゃん。
まだ生後3か月ほど! プニプニの手足が、たまりません~。

わきに見えるの持ち手付のかごは、 アフリカのバスケット。
そして枕元には、岩手の鈴竹のかごが、そっとたたずんでいます。
 
 
 
何を入れているんですか?

「持ち手つきのかごには、子どものオムツやタオル、着替えなど
すぐに使うものをまとめて そばに置いています。

部屋を移動する際も、それをひょいと持って一緒に連れていけるので
とても便利!」

なるほど。赤ちゃん周りのものって、案外たくさん必要だし、
どんどん増えていきますもんねー。
片手で持ち運びできるかごは、ママの必需品と言えるかもしれません。
 

ママ~♪ 
 
「ちいさなお弁当かごには、爪切りやクリームなどを。

持ったときに中の物がカタカタいわないので心地良いです。
コンパクトでしっかり蓋もしまるので持ち歩きにも重宝します。」
 
こうしてまとめておけば、さあ外出、という時に、ふたを閉めて
さっと出かけられそう!
 
そして、五感がぐんぐん発達中の赤ちゃんだからこそ、
天然素材のものが身近にあるって、やっぱりいいですよね。
 
 
こぱん職人 さま、すてきなアイデアをありがとうございました。
赤ちゃんの健やかなご成長を、心からお祈りしています!
 
朝子