2014-09-27

倉敷のい草のかご

こんにちは、朝子です。

先日、当店サイトの方でご紹介しました、岡山県の「い草のかご」のことを、
すこし書いてみたいと思います。


瀬戸内地方は、かつて、い草の栽培、そして畳づくりがとても盛んだった土地。
なかでも倉敷では、美しい「花ござ」の文化が栄えました。

そんな倉敷の畳づくりの伝統を背景に、いまでもおばあちゃんの手で
こつこつと作り続けられている、い草のかごです。


い草を数本づつ束ねて撚りをかけ、
専用の織り機をつかって縦横に織りあげていきます。


   
仕上げは、おばあちゃんの手慣れた指で、一本一本手作業で。


たったお一人で作っているため、大量生産はできません。
顔をちかづけると、さわやかな畳のにおいが ふわっと香ります。

一昔前、この地方の家庭で、たっぷりと働いていたい草のかご。
素朴で繊細で、愛らしい このかごも、 今では希少なものとなりました。 

2014-09-24

「北の自然を編む」ワークショップ開催しました

今日は、北海道・十勝在住、松岡えりこさんによる
ワークショップを開催しました。

クルミの樹皮を用いたかごづくりは、当店でもはじめてのイベント。
完成までどんな工程ですすんでいくのかとても楽しみです!

今回の見本

まずは下準備から。
編み始める4時間前から、まるまった樹皮を水に浸けこんでおきます。
しばらくすると、タンニンによって濃い茶色へと変わっていきました。

 
水を除いて現れた樹皮は、まるで昆布のよう。
やわらかさや質感も似ています。
 
 
下準備も完了し、いよいよワークショップがはじまりました。
まずは、参加者自身で樹皮を選び、等分にカット。
今回製作するちいさなカゴは、幅1.5cm 長さ60cmのテープを20本使います。



まずは底を組む作業から。
くるみの素材は、裏表の組み合わせによっていろいろな模様を楽しめます。
そして、底の形ができはじめたら木型を使い、編み込んでいきます。
約三時間後、、、

 




 
ようやく、完成しました! 
表裏の組み合わせによって、個性豊かなカゴの表情。
つくった本人にとっての特別感も、倍増しそうです。
 
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
 
 
伊藤征一郎
 
 

2014-09-20

『北国のかご展』、はじまりました!

こんにちは。朝子です。

日に日に秋の気配が深まってくるのが実感できるこの時期。
数日前には、北海道の最高峰、旭岳はすでに初冠雪となったようですね。


その大雪連峰の山すそ、十勝平野の西端。

広大な自然が広がる上士幌町の工房で活動する
かご作家、松岡えりこさんのかご展が、18日よりスタートしました!

サワグルミやヤナギ、白樺など、北海道を代表する木々から作られた
野趣あふれるかごが、たっぷりと並びました。

 
裏面が深いこげ茶の、くるみ樹皮。
おもて面のしぶい灰褐色にもすごく惹かれます。


つややかなオレンジ色は、ヤナギの樹皮。



十勝の大自然の中で、みずから素材を集めるところからはじまる
松岡さんのかご作り。

木の枝に付いていた樹皮がかごになるまでの時間や行程とじっくり向き合い、
素材と語り合いながら、作業はすすんでいきます。

使いやすく、丈夫で、なおかつ美しいかごを作りたい、と話す松岡さん。

それは暮らしの中に森の空気を運んでくれるような
「野のかご」となって、ここ、カゴアミドリの店頭に並びました。


明日21日(日)には、松岡さんも在店予定です。
ぜひお立ち寄りください!

朝子

2014-09-12

『北国のかご展』を開催します

こんにちは!朝子です。

今日は、次回イベントのお知らせです。

今月18日(木)より、北海道・十勝で活動するかご作家、松岡えりこさんによる
販売会『北国のかご展』が、国立にてスタートします!



大雪連峰のすそ野に広がる雄大な森を拠点に、
クルミやヤナギ、白樺など、自然の恵みから生み出される「野のかご」の数々。

素材の特性を見ながら、一点づつデザインされたカゴたちは
どこか、森や動物たちの物語をイメージさせるロマンチックなたたずまいです。

それぞれの素材の手触りも、
ぜひゆっくりと味わってみていただければと思います。

9月21日(日)は、松岡さん在店予定です。
国立の街めぐりも楽しい秋の一日、ぜひお立ち寄りください。

ご来場をお待ちしております。


<< 松岡えりこ 『北国のかご展』 >>

Date:  918()28() 
             11:0017:00 (2224日定休)

            (JR中央線 国立駅南口 徒歩5)

2014-09-06

松江 artos Book Store 展示はじまりました

こんにちは!

今年はあっさりと盛夏が過ぎ、ずいぶんと過ごしやすくなりました。
まだ9月の初めだというのに、虫の音が響きわたっています。


さて今日、9月6日から、島根県松江市にあります素敵な本屋さん、
artos Book Storeにて、かごの本の出版記念イベントがスタートしました!


ここは、老舗の書店を受け継いだ西村さんご夫妻が、
  「衣・食・住」をテーマに一冊一冊選んでいる、本のセレクトショップ。

本だけでなく、ご夫妻が折々に注目しているモノや音楽、ひとにも
光が当てられ、さまざまな企画展示が行われています。

そのスペースに、今日から100点以上の世界のかご、日本のかごが
並びました!


展示は9月20日(土)までとなっています。
お近くの皆さま、この機会にぜひお立ち寄りください。

伊藤征一郎