2014-10-31

「青竹のかご展」はじまりました!

勢司恵美さんの「青竹のかご展」がスタートしました!

鮮やかな緑色と、涼しげな香りに包まれています!
 
おでかけのかご、台所のかごとざる、収納のかごにアクセサリーなどなど、
くらしの道具としてつくられた「青竹のかご」たちが、ほんとうにたくさん!
とても見ごたえある品揃えとなっています。

毎日使いたい! 味噌こしざるに、うどんの水切りざる

そして、真竹の材料採りから完成まで、すべての行程を自身で手がけ、
これだけの種類のかごを生み出していく勢司さんの手。

しかし、「もっと大きなざるを、もっと早く作れるようにならないとダメ。
わたしはまだまだ職人なんて名乗れません。」 
と言い切る勢司さん。

迷いのない表情で、まだまだ先の目標に向かって現在進行中の姿を見て、
素直にかっこいいと思いました。
壁にかかった大きなざるは、今回の自信作!

そんな勢司さんが手がける、青竹細工の数々。
たくさんの方に手に取って、見ていただきたいです!

しっかり説明を受けたスタッフが対応いたします!
 
11月3日の祝日は月曜日ですが、展示期間中につき店舗営業をいたします。
また、3連休の国立は、「天下市」という大きなお祭りがあって、地元の飲食店が
腕を振るうおいしい屋台たちでにぎわいます。
ぜひお散歩がてらお立ち寄りください!

いとう


2014-10-29

勢司恵美さんの「青竹のかご展」はじまります!

勢司恵美さんの「青竹のかご展」。

いよいよ明日30日から、開催となります!

本日、たくさんのかごが届きました!
 
勢司さんは茨城県行方市在住。
地元に育つ青竹をみずから採取し、地元に伝わる青々とした竹かごをつくる
女性では数少ない作り手の一人です。

昔ながらのくらしのかごを中心に、地元のお祭りに不可欠な竹細工の
製作依頼にも応じるなど、地域に根差した活動をされていらっしゃいます。

初日の30日(木)は在店されておりますので、ぜひ色々なおはなしを
聞きに来てください。

会期 : 2014年  10月30日(木)- 11月9日(日)
    11:00~17:00
    (11月4、5日は定休日)
     
場所 :  カゴアミドリ
(JR中央線 国立駅 徒歩5分 map)


今日、29日はワークショップの開催日。
勢司さんに教わりながら、昔ながらの「味噌こし」を手作りします!


明日の天気も快晴の予報です。
ぜひお立ち寄りくださいませ!
 
伊藤

2014-10-25

26日(日)はkunitachiゆる市

こんにちは!朝子です。
今日はイベントのお知らせです。

10月26日(日)は、国立で、『kunitachiゆる市』が開催されます。



『ゆる市』は、国立周辺のお店や工房が集まってひらかれる、半年に1度の市。

今回は、カゴアミドリも、会場の一つとして参加いたします。

そのため、当日の営業時間は、イベントに合わせ10:00~15:00となりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


個人のお店や、ものづくりに取り組む作り手さんが多い、国立の街。

なかなか足を運んで訪ねる機会が作れない、という方も、
この機会にぜひ街をめぐりをたのしんで、
いろいろな人、ものとの出会いを満喫していただければと思います。

皆さまのご来場をお待ちしております!


☆ kunitachiゆる市 ブログ
     http://yuruichi.exblog.jp/

☆ 会場map
     http://goo.gl/I4bGW5

2014-10-23

いわきの西山さんに、竹取りを教わりました。

こんにちは。

先週は、福島県いわき市の竹籠職人、西山昭一さんを訪ねてきました。

今回の訪問は、今年で三回目。
秋も深まり、かねてからお願いをしていた「真竹」を採取できる時期に
なったと聞き、日本の手仕事の道具に関心を持つ知人と一緒に
いわきに向かったのでした。

車を走らせると、なつかしい風景が広がってきました。

かごづくりに適した竹が採取できるのは、一年の中でも限られた期間だけ。
適度に水分が抜けて強度も増し、虫による被害が少なくなるといわれる
晩秋から冬にかけての竹が、かごの材料としてもっとも適していると
言われています。


西山さんは、かつて、東北有数の漁獲高を誇った小名浜港で、
魚の水揚げや運搬に必要とされた「万漁かご」を中心に、60年近く
竹籠づくりに携わってきたベテランの職人さんです。

ですが、気難しい職人のイメージとはちがって明るく元気な方で、
奥さまの英子さんともいつも一緒のおしどり夫婦です。

到着した夜は、今年で金婚式を迎えたお二人を祝福すべく、西山さんとの
出会いのきっかけをくれたomotoの鈴木夫妻も合流して、たくさんの
ごちそうをいただいた、楽しい夜となりました。
(そういうわけもあって、翌朝の竹取り開始は、かなりのんびり
スタートとなりました。。。)


翌日は快晴に恵まれ、絶好の竹刈り日和!

今回目指す場所は、工房から車で40分ほど離れた川沿いの竹林。
西山さんが日ごろ竹を採取する場所のいくつかから、初心者の
ぼくたちにも入りやすい竹林を選んでいただいたのでした。

到着後、鉈とのこぎりを腰に巻いて、いざ竹林の中へ。
一歩中に入ると日中でも薄暗く、人が通れそうな場所は限られていました。
西山さんいわく、土壌を豊かにするためにも、適度に人が入って竹を
間引いてあげることが必要で、今では手つかずの荒れてしまった竹林が
ほとんどなのだそう。


さて、今日の目的は、今年の春に伸びたばかりの、真新しい竹。

縁巻きや持ち手には、本体に使う素材とは異なる、若くて弾力ある
竹が必要となります。西山さんは、すぐに濃い緑色をしたきれいな竹を見つけ、
鉈の腹を使って節の間を叩きました。耐久性に優れている竹を見分けるには、
見た目だけではなく、叩いたときの音の強弱で判断するのだそうです。

試しに、甲高く響いた竹を切り、表面を薄く剥いて曲げてみると、すぐに
折れてしまいました。次に、音が低かった竹を同じようにしてみるのですが、
こんどは二つに畳める位に曲げても割れることがりませんでした。

(ピントがあっていませんが)
低い音を響かせた竹は、驚くほどの弾力でした

竹を切る場所は、地表から30-40cmほど離れた節の下部分です。
西山さんが竹を切るのに要した時間は、なんとわずか8秒!

その後、切った竹は広い場所に移動し、横に倒して上の細い部分をカットする
のですが、その作業が終わった竹を並べていて、さらにビックリ!

測ったわけでもないのに、すべて7メートルの長さにぴったり揃っているのでした。
長年の経験に裏打ちされた、職人の勘を目の当たりにした体験となりました。



お昼が近づき、竹取りの作業はここで終了。

午後は工房に戻って、万漁かごを編むところを見学しました。
まずは、材料の竹ヒゴづくり。
竹の肉部分を削り、皮の薄いところのみを残していきます。


竹ヒゴが完成したところで、いよいよ編みの作業に。
まずは底部分を組んでから、上部へと編みあげていきます。


横で作業を見つめる奥さまと並んだ姿が、なんともよい雰囲気でした。

 

ゆっくりと解説いただきながら約一時間後に完成。
最後は奥さまと並んで写真を撮らせていただきました。

 

前夜から宿泊させていただき、食事から体験まで、すべてお世話に
なってしまいました。
昭一さん、英子さん、ほんとうにありがとうございました。

次は福島の山小屋で再会しましょうと約束し、帰途につきました。
いわきがさらに身近な土地となっていくのを感じた、今回の訪問でした。


征一郎










2014-10-20

「イェンスの家時間」

2014年9月刊行の書籍「イェンスの家時間」(学研パブリッシング)の中で
当店を取り上げていただきました。
 
 


デンマーク出身のイェンス・イェンセン氏が、
日本でできる北欧スタイルの庭づくりを手ほどきしてくれる一冊。

おおらかでおしゃれな北欧流DIY、参考になります!

当店のページでは、北欧のかごをたっぷりとご紹介させていただきました。





2014-10-08

『勢司恵美 青竹のかご展』のお知らせ

こんにちは!朝子です。

ぶり返していた暑さも、台風一過でぬぐいさられたのか、
今朝はひんやりとするくらいの涼しさ。
ようやく本当の秋がやってきたような気がします。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


さて今年、カゴアミドリ国立店では、1月の『白樺の木』展にはじまり、
さまざまな作り手さんの作品を、展示会という形でご紹介してきました。

一連の展示の最後を飾ってくれるのが、若手として活躍中の勢司恵美さんです。

10月30日(木)より、『勢司恵美 青竹のかご展』を開催いたします!
たくさんの方にご覧いただければと思っています。

 今回は、茶椀かごや、「たらし」と呼ばれる調理にべんりな平かご、
「味噌こし」などのキッチン系のかごのほか、
手提げかご、脱衣かごなどの大きなものまで勢ぞろいする予定です。
ぜひお手に取って、感じてみてください。



◆ 『勢司恵美 青竹のかご展』

Date: 2014年 10月30日(木) ~ 11月9日(日) 
  11:00~17:00 (11/4、5日は定休)
Place: カゴアミドリ
  (JR中央線 国立駅 徒歩5分 map)




茨城県行方市にくらすの勢司恵美さんは、
地元に育つ真竹を、みずからの手で伐り出し、「青竹」のかごにこだわって
製作を続けている、女性では数少ない作り手の一人です。

以前は旅行会社に勤め、世界各地を旅したり、
沖縄でのネイチャーガイドなどの経験を経て、
環境にやさしいものづくりをめざして、竹細工職人になることを
決めた勢司さん。

別府で竹細工を学んだ後、地元茨城にもどり、
地元の職人さんに習いながら技を磨きつづけています。


勢司さんがつくるのは、いわゆる荒物と呼ばれる かごやざる。
伐り出したままの青々とした竹でつくる、昔ながらの生活道具です。

その手から生まれてくるかごは、伝統的でありながらも
瑞々しく、元気いっぱい。
そして使い手へのやさしさがにじんだ美しい道具たちです。


◆◆ワークショップ 「青竹で味噌こしを編む」◆◆

昔なつかしい台所道具の一つ、味噌こし。
勢司さんに習いつつ、ざる作りの技を応用しながら
軽くて丈夫な味噌こしを仕上げていきます。


◎10月29日(水) 10:00-16:00
 場所: カゴアミドリ
 定員: 8名 (要予約)

・参加費:5,800円(Timokeさんのお弁当、おやつ付)
・持ち物: エプロン

ご予約は、お電話またはEメールにてカゴアミドリまで。
Tel: 042-507-9087 (10-17時) / info@kagoami.com
※ご氏名と日中に連絡のつく電話番号をお知らせください。

※定員につき、受け付けを終了いたしました。

2014-10-02

蒜山高原でヒメガマ採取のお手伝い

こんにちは。
先の「い草」のかごに続いて、今回も岡山の編組品をお伝えします。

ただいま、岡山県北部の蒜山(ひるぜん)にきています。
標高500~600mほどの高原が広がり、その一帯は大山国立公園
にも指定されている西日本有数の避暑地。
関東でたとえるなら、清里高原や軽井沢のようなイメージでしょうか。

そして冬は、日本海側の気候と山々に囲まれた地形の影響を受け、
豪雪地帯となります。今年の1月に訪問した時は、積雪が
70cm以上ありました。(過去のブログは→こちら

その豊かできびしい自然を背景に、この場所で700年以上の歴史を
もっている伝統工芸品が、「蒜山ガマ細工」です。


近年では、主に手提げかごが製作されていますが、もともとは運搬用の
背負いかごである 「ガマこしご」 が山仕事や農作業の必需品でした。
また中空素材であたたかく、防水性も備えたヒメガマは、雪靴や蓑にも
用いられ、代々それぞれの家庭でつくられてきたといいます。

手提げが登場したのは比較的近年になってからのことで、ガマ細工の
伝統を守る手段として、民藝品としての需要を期待し、つくりはじめたのが
きっかけだそうです。

現在、活動をしているのは7名。すべて地元の女性たちです。
そして、材料の採取などの重労働も、すべて自分たちで行っていることを聞き、
秋の収穫のお手伝いを約束していたのです。


当日は朝の5時半に集合!
日が昇り始めると、暑さですぐにバテてしまうので、6時から作業を
はじめるためです。
日の出の直前、あたりは低く垂れこんだ霧に包まれ、幻想的な風景でした。

大きな牧場やヤマブドウの果樹園を抜け、細い道をさらに進んでいくと、
漆の森のそばに、ちいさな湿地帯が現れました。昔は自生するヒメガマも
あったそうですがその数はだいぶ減り、今ではいくつかの場所を決めて、
計画的に成長させているそうです。

(数少ない国産漆の産地として、漆掻きも行われています)

現地に到着すると、すぐに作業を開始!
ヒメガマの背丈は2mを超えるものが多く、ちいさな女性たちがさらに小さく見えます。
しかし、その作業に無駄はなく、とても速いペースで刈り取っていくのでした。


ある程度、刈り取りが進むと、選別の作業に移ります。
汚れや傷がついた外側部分を取り除いていくと、実際に残る部分は
全体の1/4ほどでしょうか。

かごづくりに使用できるのは、根より上の白く厚みがある部分だけです。
高さを揃えてロープで縛り、使わない上部の葉をカットします。

 
巨大な長ネギの出荷をしているみたい!
 
こうして、刈り取り → 選別 → 束にする 作業を繰り返すわけですが、
同じ姿勢の作業は腰や足の負担が大きいので、それを回避する意味も
あるのだと思いました。

仕事をする手は休むことがありませんが、常にだれかが話をしていて
あまり沈黙する時間はありません。その話題は、ガマの成育のことにはじまり、
掛け合い漫才のようツッコミの応酬だったりするのですが、おかげでつらい
作業にも関わらず時間があっという間に過ぎていきました。

作業を開始してから、およそ6時間。
今年のヒメガマの成育はまずまずで、三人分の収穫がこの量です。


その後は、それぞれの自宅に運んだあと、水洗いして汚れをとります。
わずか数束を洗っただけでも、すぐに腰が痛くなってきて、一番の重労働でした。


その後は、ひと月以上の時間をかけて水分を抜いていき、再び選別の
作業が控えています。実際にかごを編み始めることができるのは、12月を
過ぎた積雪の頃になるでしょう。

今回、僕はわずか一日の手伝いでしたが、みなさんは場所を変えながら、
数日間にわたって同じ作業を繰り返していきます。
本当にたいへんな作業が続きますが、でも明日も笑いが絶えない一日となるのでしょう。

これまで、各地でいろいろな材料の採取の現場を訪問してきましたが、
これほど楽しみながら作業をしている人々をみたことはありません。
「しんどいことこそ、楽しんでやらんと続かんわ!」というおかあさんの一言が
とても印象的でした。

蒜山のみなさま、たのしい時間をありがとうございました!
また来年も伺います。

伊藤征一郎