2015-01-22

「焼き絵トモノイタ展」はじまりました!

「焼き絵トモノイタ展」が、本日よりスタートしました!

絵かき TOMOT こと、鈴木知道さんも在店いただいております。




 木の板の上に繰り広げられる、物語のワンシーンのような独自の世界。

ぜひお運びください!
 http://goo.gl/9Wk8xe

いとう

2015-01-19

「焼き絵 トモノイタ展」 まもなくスタートです。


1/22(木)からはじまる「絵かきのつくる 焼き絵トモノイタ展」を前に、
ぞくぞく製品が入荷してきました。




まな板に最適な国産のカヤ材やクルミなど、ひとつひとつの木目を生かした
<焼き絵>が描かれています。

会期中はご希望のデザインに応じた、「まな板」や「表札」のオーダーメイドも承ります。

当店は「かご・ざる」のデザインのまな板を注文してみました!
 
TOMOT氏の在店日は、1/22(木)・23(金)・24(土)・30(金)・31(土)・2/1(日) です。
木の板に繰り広げられる、物語のワンシーンのような独自の世界を
ぜひご覧ください。
 
いとう

2015-01-18

コリヤナギの飯行李

白いヤナギを、麻糸でこまかくかがって編み上げたお弁当かごが入荷しました。

兵庫県・豊岡市に受け継がれている伝統工芸品「杞柳細工」を代表する製品の一つ、
「飯行李(めしごうり)」です。
 



豊岡市内をゆったりと流れる円山川は、その流域に肥沃な土を運び、
下流域はラムサール条約に登録されるほど豊かな湿地生態系を形成しています。

その湿地帯に生育する多様な植物の一つ、コリヤナギ(杞柳)を用いて、
1200年以上前からかごづくりが行われるようになりました。


コウノトリが飛来する但馬の自然を背景にした、伝統のヤナギ細工です。http://kagoami.com/SHOP/JHK302.html

いとう

2015-01-16

フランス ペリゴール地方のかご

こんにちは。
昨日は冷たい雨が降り続いた一日でしたが、
今日は気持ちのよい青空が広がっております!

当店は、国立駅から続く「富士見通り」に面しているのですが、
今朝は真っ白な富士山がキリリと光っておりました。

先日、フランスの南西部、ペリゴール地方に伝わるバスケットが入荷しました。


ヨーロッパではさまざまな場所で、ヤナギのバスケットが存在していますが、
中心部からぐるぐると らせん状に編み上げていくのが、この地方独特の技法。
フランスを代表する工芸品として知られています。

ヤナギの皮も、濃淡の茶、グレイやグリーンなど一点一点異なるのも
魅力の一つ。
土地の歴史を受けつぐそのたたずまいは、見る人に深い印象を残します。

国立店・ネットショップともに在庫が充実しております。
ぜひご覧ください。
http://kagoami.com/SHOP/115017/list.html

いとう

2015-01-09

『焼き絵トモノイタ展』

皆さまこんにちは!
よいお正月を過ごされましたでしょうか。

国立店のほうは、8日より通常営業に戻りました。
今年も皆さまのご来店をお待ちしております!

さて今月は、22日より展示会を開催します。
題して< 絵かきのつくる 『焼き絵トモノイタ展』>

宮崎で活動する、絵かきのTOMOT こと鈴木知道氏による、
「焼き絵トモノイタ」の販売と実演、受注会です。


国産の無垢材でつくる まな板やカッティングボードに、
1枚ずつ、焼き絵をほどこした「トモノイタ」。

木肌のうつくしい九州産の榧(かや)など、素材そのものの魅力にくわえ、
物語の世界を写し取ったような TOMOTの絵を
ぜひお楽しみいただければと思います。


【焼き絵トモノイタ・受注会】

作家在店日は、オリジナルデザインの焼き絵まな板や、表札の
オーダーを承ります。

TOMOT氏が、お客様と直接お話ししながら
じっくりとご希望を伺っていきます。

在店日は、1/22(木)、23(金)、24(土)、30(金)、31(土)、2/1(日)です。


みなさまのご来場をお待ちしております!


「TOMOT/鈴木知道」
2013年より宮崎の海辺の工房で、イラストレーション・焼き絵の製作を行う。

「トモノイタ」のこと

2015-01-06

本年もよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます。

おかげさまで、カゴアミドリは5回目の新しい年を迎えることができました。

今年も変わらず、各地のかごの魅力の数々を紹介してきたいと思います。

本年もどうぞよろしくおねがいします!

(新年より、ウェブサイトの写真も変更しました!)
 
伊藤征一郎