2016-12-23

冊子「藤箕のなやみ」を製作中!

穀物をあおりふるって、中に混じった殻やごみをふるいわける
「箕」。かつては、日本各地で独自の箕づくりが行われて
いましたが、農具としての需要の低下とともに、急速に
その姿を失いつつあります。

「籠」と「箕」。もともと農具として欠かせない道具で
あったことや、国内の農業の衰退と安価で壊れにくい
プラスチック製品の登場により、大きな影響を受けて
しまったことなど、多くの共通点があると思います。

しかし、これまで全国各地の箕づくりの現状について気に
なりつつも、時代の変化にあわせ、暮らしの中で活躍する
用途が中心となっているかごとの用途的な違いから、積極的に

実際の産地まで足を運んだ機会は数度しかありませんでした。


遠くに北アルプスの山々が見える海岸線


しかし今回、富山県氷見市に伝わる「藤箕」づくりの存続のために、
地元で
冊子づくりをはじめようとしている方々に、協力の依頼を
受けました。

国の無形文化財にも指定されている手仕事の紹介に携われることは、
たいへん光栄な依頼でしたが、正直なところ、箕づくりについての
特別に詳しい知識は持ちあわせてはいません。しかし、国内の
さまざまなかごの産地を訪れ、作り手さんとの直接の対話を
心がけている
経験は、何かの役に立てるのではと思い、引き受け
させてもらいました。



藤箕の里、熊無・論田地区の棚田


今回、お話を伺ったのは、「藤箕づくり技術保存会」の会長である
坂口さん。材料採りから加工、箕の完成まで、二日間をかけて
すべての行程を見学させていただきました。




坂口さんは会長になられてわずか1年ほど。
前の会長だった先輩方は90歳近いお年となり、この地域で
箕づくりができる最年少の坂口さんにお声がかかったそうです。

しかし、坂口さんが箕づくりに携わっていたのは、今から50年以上も
前のこと。当時は、中学校に通いながら、農業を営むご両親の手助けを
していたことから、農閑期に行う藤箕づくりも覚えていきました。
しかしその後、20歳になって会社に就職し、離れた町で仕事を
するようになってからは、再び箕づくりをすることはありませんでした。

しかし数年前、保存会より声がかかったのをきっかけに、再び藤箕
づくりに挑戦してみたところ、まだその作り方を身体が覚えていた
そうです。

今では、室町時代より600年以上続いてきた、この伝統文化を
絶やしてしまうことが無い様に、次の世代の人にバトンを渡せるまで
頑張っていきたいと話してくれました。

今回、取材を行った内容は、完成した冊子の中で、詳しく紹介して
いきたいと考えています。そして、その進行を「藤箕のなやみ」
と名付けたFBページ(https://goo.gl/ftQ34M)で発信していきます。

ぜひ今後の活動をご覧いただければ幸いです!

2016-12-21

「中川原家の仕事」 トークイベント(12/28 受付を終了しました)

続いて、「中川原家の仕事 展」 の一環として開催するトークイベントの
お知らせです。

あけび細工の第一人者として知られる中川原信一さん。
自然と向き合い、長く積み重ねてきたあけびの仕事について、
ご本人の目線からじっくりと聞かせていただく会を
1月21日(土) 18時より開催いたします。

これまで何度も、中川原さんご夫妻のもとを訪問するたびに、
かごづくりにまつわるさまざまなお話を伺ってきました。

いつもご夫妻であたたかく迎えていただき、晩酌までいただいて、
すっかりくつろいでしまったことも。
訪問した日に、そのまま東京に戻る時には、途中で食べて
とお弁当を持たせてくれたこともありました。

数年前から、実際にあけび蔓を採取している現場を見たくて、
周辺の山にも連れて行っていただくようになりました。
そんな日は、前もって丸一日仕事を休みにしてくれていて、山で行う
作業のひとつひとつを、ていねいに説明をしてくれるのでした。


訪問を重ねてようやく、日々のかごづくりは信一さんお一人の仕事ではなく、
奥様の惠美子さんとの二人三脚によって行われていることを知るように
なりました。

蔓の収穫と、籠の本体を編む作業は、主に信一さん、
材料の入念な下準備、縁巻き部分の仕上げは、惠美子さん。

いつも仲むつまじいお二人でありながら、職人としてのきびしい作業の
一つ一つもすべて共有していて、深い信頼関係の上に成り立っていることを
理解できるようになったのは、ここ数年のことです。

そこで、いつか当店で中川原さんの籠を紹介できる機会があれば、
製品そのもののすばらしさのみならず、山からの恵みである一本の蔓が、
一つの家族を通してかごに生まれ変わるまでの、すべての行程を
一緒に紹介したいと考えていました。



今回のトークイベントでは、信一さんによるかごづくりのお話しに加えて、
実際に山に入ってのあけび蔓の採取風景や、かごを編んでいる様子を
撮影した動画もご覧いただける予定です。

このトークを通して、中川原家が大切にしてきた技と信頼関係、
自然に向き合う真摯な姿を、感じていただければ幸いです。


【トークイベント】
 1月21日(土) 18:00 - 19:00
 定員:20名 (受付を終了いたしました
 参加費:1,000円(ドリンク付)

 ・お申し込み
 Eメールのみでの受付となります。
 「info@kagoami.com」 宛に、タイトルを「トークイベント」 としていただき、
 以下についてお知らせください。
 
 1)参加者のお名前
 2)日中のご連絡先(携帯電話番号など)
  ※参加いただける人数が限られておりますので、
    キャンセルの場合はご一報いただけますようお願いいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

伊藤






2016-12-19

「中川原家の仕事展」 開催のお知らせ

2017年 はじめとなる企画展は、秋田のあけび細工職人 中川原信一さん
ご夫妻の仕事をテーマとしたイベントを開催します。


秋田・奥羽山脈の豊かな自然にはぐくまれたあけび蔓を採取し、
材料の一本一本と対話をしながら、50年にわたってあけびのかご
を作り続けている職人・中川原信一さん。



国内であけび細工の第一人者として高く評価をされるその仕事は、
父・十郎さんから受け継いだ中川原家ならではの技。

そして、日々の作業は奥様である惠美子さんの入念な下準備によって
支えられ、すべてのかごはご夫婦の二人三脚から生み出されています。



展示販売と実演を通して、中川原家が大切にしてきた仕事、
自然に向き合う真摯な姿を間近に感じていただければ幸いです。

            『中川原家の仕事 展』
□会期
 2017年1月18日(水)~29日(金) 10:30 - 17:00
  ※23日(月)・24日(火)休み
 

□在店(実演)日
 1月20日(金)・1月21日(土) ・1月22日(日)
  ※中川原信一さんのみ在店となります。
  ※20日は13時以降からの実演を予定しています。
   休憩等、不在となる時間帯もございますので、予めご了承くださいませ。


□販売方法について
  展示期間中にご用意できる製品の数量は限りがございますため、
  一点限りの製品につきましては、会期終了後のお渡しとなります。
  また、ご希望者多数の場合、抽選とさせていただきますこと、
  あらかじめご了承の程、宜しくお願いいたします。



みなさまのご来店をお待ちしております。

伊藤











2016-12-13

富山・氷見の国重要無形文化財 「藤箕」のこれから

「箕」とは、穀物をあおりふるって、中に混じった殻やごみを
ふるいわけるもの。

かつては様々な素材を使った独自の箕づくりが日本各地で
行われていましたが、農具としての需要の低下とともに
急速に姿を消していきました。

この数日間、国の重要無形民俗文化財の指定を受けている
富山県・氷見市に伝わる「藤箕(ふじみ)」の製作現場を
訪ねてきました。

600年以上の歴史をもつ一大産地であったこの地でも、
今後の技術の継承には多くの課題がありました。


ご縁あってこのたび「藤箕の製作技術のこれから」について、
私も一緒に考えさせてもらう機会をいただきました。

氷見を中心に活動しているメンバーとともに、現状を取り巻く
環境や、技術伝承のむずかしさに悩みながらも、これからの
取り組みや活動について発信していきます。

少しでも「箕」に関心のある方は、
【藤箕のなやみ -富山氷見 論田熊無の藤箕製作技術】
のフェイスブックページに「いいね!」をおねがいします!
https://goo.gl/bRYBAP



そして、今後のちいさな試みのひとつが、同じ問題を抱えている
他の地域にとって、モデルケースにつながるようなことがあれば
とてもうれしく思います。

2016-12-09

【かごイチ vol.3】 1/7・/8 (土・日)は、「伍竹庵」さんに出店いただきます!

新年・2017年のはじめの『かごイチ』 Vol.3は、
栃木県茂木町の里山に工房「伍竹庵」を構える、
五月女大介さんにお越しいただきます。





ゲスト: 伍竹庵  五月女 大介さん
Date:  2017年 1月7日(土)、8日(日)  10:30~17:00

地元で採れる竹を使い、青物を中心に、日々の暮らしを豊かにする道具を
手掛けている五月女さん。美大を卒業後 竹工芸家の八木澤正氏に師事し、
地域の竹細工の伝統を受け継ぐべくご活躍中です。


また1月8日(日)には、展示販売に加え、
「野の花かご」づくりのワークショップも開催いたします。


【開催日時】
2017年 1月8日(日)
 ① 午前 11時~ 6名 (定員に達しました)
 ② 午後 14時~ 6名 (定員に達しました)
各回、1時間前後の予定です。
小学生以上のお子様も参加いただけます(親子同伴の場合)。

【参加費】
 ¥2,000 (税込・材料費込)


いとう

2016-12-07

箒職人がつくる「きびがら細工」のこと

栃木・鹿沼より、「きびがら細工」が入荷しました!


こちらは、来年の干支である「酉」。
手のひらサイズのかわいいかたちです。


作り手は、「鹿沼箒」の職人でもある丸山早苗さん。
先月は工房にお邪魔して、箒づくりにまつわるたくさんのお話しを伺うことが
できました。

「きびがら細工」とは、箒づくりと同じ素材(ホウキモロコシ)を使用して
つくられた、素朴でかわいらしい十二支の動物たち。
丸山さんの祖父であり、師匠でもある故・青木行雄さんが昭和37年に創案した
郷土玩具です。


もともとは、東京で介護の仕事に従事し、それを天職と思っていたという
丸山さんでしたが、出産を機に地元の鹿沼に戻ったのが、三代目の箒職人と
なるきっかけに。

当時、工房の二代目である丸山さんのおじいさんはまだ現役を続けていました
が、それまで共に箒づくりを支えてきてくれたおばあさんが亡くなられた
ことから、仕事をやめたいと話しはじめたことが直接のきっかけでした。

当初は先代を励ましつつ手伝うつもりが、ほかに後継者となる人は
誰もおらず、次第に自分が跡継ぎになろうと考えはじめたといいます。

とはいえ、赤ちゃんが誕生したばかりの、子育て真っ最中の時期。
一方おじいさんの年齢を考えると、残された時間はあまり長くは
ありません。結論がでるまでには、かなりの時間がかかりました。
最終的な決断をしたのは、お子さんが一歳になるすこし前の頃でした。

子どもを背負いながら箒づくりを習う日も多くありました。
一日の作業が終わり家に戻ると、腕が疲れてあがらなくなっていて、
こどもの抱っこさえできなくなってしまった時には、本当に
この決断が正しかったのか悩んだこともあったといいます。

箒づくりの修行には最低でも3年かかる、といわれているそうですが、
丸山さんが習い始めた時に、おじいさんはすでに83歳。
そして残念なことに、3年が経つのを待たずに亡くなられてしまいました。

しかしおじいさんは、丸山さんが必要な技術を、ちかくの町で同じ型の
箒を手がける職人さんから学べるように、取り計らってくれていたと
いいます。

「生前に何度か、おじいさんに頼まれて、その職人さんのところまで
車で送迎することがあったのですが、これといって特別な用事を
済ませているようにも見えず、すこし不思議に思っていました。

今かんがえると、自分が指導できなくなった時には、その職人さんの
もとを訪ねて学べるようにと、準備をしてくれていたのではないかと
思います。」

先代の心くばりは、その後の丸山さんを確かに支えてくれたそうです。

長さや質によって、「蛤箒」「小箒」などに分けていきます
       
うつくしい蛤型の鹿沼箒には、穂先が長く、全体がやわらかい素材が不可欠。

丸山さんも地元農家さんとともに、ホウキモロコシの栽培に取り組んで
いますが、近年の気候や自然環境の変化もあり、毎年試行錯誤が続いて
います。現在の収穫量では、一年で15本から20本分ほどしか、材料を
確保できないそうです。

一方で「きびがら細工」は、箒づくりには使えない材料も活用できるのが
大きな特徴。そして、丸山さんが一年を通じて職人としての活動が
できるのは、箒づくりをしない時期にこの仕事に従事できるからです。



おじいさんが創案した「きびがら細工」の十二支の姿形は、
それぞれ特徴的です。比較的つくるのが簡単な動物や、個人的に苦手な
ものがあるのか?聞いてみました。

「それぞれに特徴はありますが、一言で簡単、むずかしいと言い切れる
ものはありません。つくりやすいけれど、材料の確保が難しいものだったり、
材料は少量で済むけれど、異なる素材を組み合わせなければならなかったり。

たとえば、『へび』は細い草が必要で、専用のきびがらをあらかじめ育てて
準備しておかないと材料が足りなくなってしまいます。」

「その中でも、一番苦手なのが『虎』だったんです。そして、虎をつくら
なければいけない年に、おじいちゃんが亡くなってしまって、、、

はじめは、なんで虎年に~! と思ったけれど(笑)これは、おじいちゃんが
私に課した、最終試験なのかもしれないと思いました。

なんとか無事に製作を終えて、おかげで苦手意識も克服。今では好きな動物の
一つになりました。」

いつも見本としている箒は、曾祖父(初代)作のもの。
その技術やうつくしさだけではく、当時の素材の質も
すぐれていたことが伺える、目標の一本。


この話を聞いたとき、「きびがら細工」の誕生や伝承そのものが、
おじいさんから丸山さんへの贈り物だったように思えてきました。

そして、その受け継いだ大切なバトンをこれからどういった状態で
次の世代に引き継いでいくのか、丸山さんは常に意識して日々の活動を
行っているように見えます。

「私は伝統工芸士になりましたが、その技は自分のものだとは思って
いません。あくまで受け継がれたものであって、今後ほかにやりたい人が
出てきたときは受け継いでいくものだと思います。

自分の時代だけがいいという考えで、いろんなことをきめてしまうと、
あとで困るのは次の世代の人々です。そのためには今、どういう基盤を
つくるのが大事なのか?

これからもこの伝統が続いていくための 『いいつながり』 を、たくさん
残してあげたいなと思っています」

丸山さんは、明るい笑顔でそう語ってくれました。

いとう

2016-12-06

バスケタリー作家の本間一恵さんを訪問しました。

先日は、いつもお世話になっているバスケタリー作家の本間一恵さんの
ご自宅を訪ねてきました。

まずはじめに目の前に飛び込んできたのは、かごではなく「鳥の巣」。


カゴ編み名人のハタオリドリ(weaver bird)は、数種の編み方をマスターしていて、
くちばしを器用に使って立派な巣に仕上げていきます。
(当店の名前はここからヒントをいただきました)

否応なしに期待が高まってきます!

各々、自分の興味があるかごを探しつつ、
時折、本間さんの解説も聞けるというなんとも贅沢な時間!

以前は銭湯だったという場所で、かごの収納に使われているのは、
たくさんの扉があるカギ付きのロッカー。


1000点を超える世界中のカゴが収納されており、一つ一つの扉を開けるのが
なんとも楽しい!

その分類方法についてですが、産地や素材、形の違いではなく「編み方」。
必要に応じて、かごを編み解いて技法を読み解くこともあるのだそう。

 こちらは飯行李。兵庫県のものでしょうか?

かなり使い込まれたやまぶどうの鉈入れ。

 こちらは何でしょうか?

 正解は、トウモロコシのビールに使われる「漉しかご」
(かごに関する書籍や資料もたくさん所蔵されていました)

ブルキナファソのかごは、螺旋状に巻いた技法が特徴的で、
これはフランスのペリゴール地方のかごと多くの共通点あるそう。
ひょっとしたら古い時代になにか文化的な交流があったのかもしれません。
かごの編み方をみるだけでも、いろいろ想像が膨らみますね。



本間さんは、縄文や弥生時代の遺跡から出土した、かごの復元にも携わっています。
こちらは「縄文かご」のレプリカ。
手のひらに乗るほどの小さなかごは、ドングリを集めて使っていたのかもしれません。


数千年前に編まれたかごの作り方を紐解き、忠実に復元する作業は、
当時このかごを編んでいた人々の気持ちに近づいている感じがするそうです。

それにしても、この時代にこれほど高度なかご編みの技術があったとは!
さらにいにしえの暮らしに思いを馳せてしまいます。

弥生時代のかごの復元

本間一恵さんのかごづくりに関する知識と技の数々。
いつか当店の皆様に、お伝えできるような企画を考えたいと思っています。

いとう

2016-12-02

こぎん刺しのこと

あけびのかごとこぎん刺し展、二日目。
今日は、こぎん刺し製品について、基本的な説明をしたいと思います。

こぎん刺しとは、青森の津軽地方に伝わる日本の三大刺し子の一つです。
津軽では、野良着のことをこぎん(小布、小巾)と呼んだことから、
この名がつけられました。

左側の野良着は、作り手さんがおばあちゃんから受け継いだもの。
この地域特有の模様(西こぎん)である、魔除け(
轡繋ぎ模様)が刺されています。


寒冷な津軽では、木綿の栽培が困難なため、人々は古くから麻布の衣類を
着用していましたが、江戸時代中期になると木綿の糸が手に入るようになりました。


そこで、農家の女性たちは、粗い麻布の隙間を縫うことで、耐久性を備えたあたたかい
衣類に仕上げ、いつしか特有の装飾を施すようになりました。



手前のポーチはオリジナルで製作いただいたもの。
クルミ、ひょうたん、ネコ、お花が描かれています。


菱形模様の中に描かれるのは、津軽のくらしに身近な食べものや自然、
そしてたくさんの生きものたち。

300年近くの間、津軽の女性たちによって伝えられてきた手仕事です。
ぜひ実物を手にとって、感じていただければ幸いです。


いとう

2016-12-01

「あけびのかごとこぎん刺し展」 はじまりました!

本日よりはじまりました、「あけびのかごとこぎん刺し展」!

今年も青森県弘前で活動をしている「みつば会」と「岩木かちゃらず会」さんの
ご協力をいただき、4年目の開催をすることができました。



今回は、「冬支度のかご」をテーマに、日々の収納に役立つかごを中心に
製作をしていただきました。




豊富な品揃えのなかで、特にオススメなのが「四角いかご」です!

浅かったり深かったり、持ち手があったりなかったり、
編み目が違ったり、蓋つきだったりと、とにかくたくさんの種類が揃い
みごたえがあります。




「こぎん」製品は、人気の針山やポーチ、手提げなど完成品だけでなく、
体験してみたい方のための「こぎん刺しキット」の販売も!



次回の投稿では、こぎん製品を中心にご案内したいと思います。

いとう